20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

面接で結婚の予定について聞かれたら?

20代女性が面接でよく聞かれる事と言えば

20代女性フリーターの就活で避けて通れないのが、結婚についての質問だと思います。

一般的に20代といえば結婚適齢期と言われる年代です。大学を卒業する22歳頃から徐々に結婚する人が増え始め、25歳、26歳、そして30代目前の29歳で駆け込み婚をする女性も多いですね。

現在就活中のフリーターの方も、すでに婚約していたり、年内には…と結婚の話も出ている状況という方もいらっしゃると思います。

本来は人がいつ結婚するかなんてそんなこと他人が口出しする事ではないのですが、就活の場では結婚の予定を聞かれる事が頻繁にあるんですよね。

初めて聞かれた時はびっくりするかもしれませんし、「どうしてそんなプライベートな事を答えなきゃいけないの?しかも今出会ったばかりの知らないおじさんに…」と嫌な気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

どうして結婚予定なんて聞いてくるの?

公式の場で女性に結婚の予定を聞くなんて、下手をすればセクハラともとられかねない行為ですよね。それなのになぜ多くの面接官はそんな質問をしてくるのでしょうか。

それは、これから入社するかもしれない女性が近々結婚するかどうかという事が、採用側は強く関心があるからです。

女性は男性に比べ、結婚と仕事が密接に関係してきます。何故なら女性は結婚や妊娠を機に退職する方が非常に多いですし、仕事を続ける場合も将来的に産休・育休で長期間休暇を取るかもしれないからです。

新人を採用して一人前になるまで教育をするのは多くの金銭的コスト・時間的コストがかかります。そのため会社としては新入社員にはできるだけ長く働いて欲しいと思っていますし、すぐに辞められたら大きな損失になってしまいます。

それを踏まえた上で、新入社員が入社1ヶ月で「結婚するんで退職します」と言ってきたらどうでしょう。会社に非常に迷惑が掛かってしまうというのは理解できると思います。

結婚は人生に大きく影響するビッグイベントですし出産の事を考えると年齢的な問題もありますから、会社に迷惑がかかるからといってベストなタイミングを逃すのは嫌だ、会社の都合なんて関係ないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも入社後すぐ寿退社してはいけないという決まりはありませんから、そこをどう考えるかは個人の自由です。

ただしそれによって会社に迷惑が掛かるということは事実としてありますから、会社側としてはそれを避けようとするのは当然といえば当然なのかもしれません。

ということで、なぜ面接の際わざわざ結婚の予定や彼氏の有無を質問してくるのかというと、近いうちに結婚して早期退職されるリスクを避けるためという訳なんですね。

結婚に関する質問、どう答えるのが正解?

どうして面接でそうした質問をしてくるのか、会社側の意図は分かっていただけたかと思います。

ただ、事情は分かるけどそんなプライベートな事あまり話したくない…という気持ちもあるかもしれません。デリケートな問題ですし、自分自身もいつ結婚するのかなんてわからないのに…と微妙な気持ちになることもあるでしょう。

また、聞かれる事自体は別にかまわないけど、答えによっては落とされるかもしれないから何て答えるのが正解なんだろう?と悩んでしまうということもありますよね。

ではこうした結婚の予定や恋人の有無、妊娠の予定などの質問をされた際、どう回答すればいいのでしょうか。

まずこうした質問に対して答えたくないというのであれば、すべてを正直に答える必要はないと思います。「そういった質問には答えられません」と突っぱねてもいいのですがそれだと角が立ちますから、適当に答えてさらっと流すのがスマートな対応だと思います。

彼氏がいるのにいないと答えたり、そのうち結婚したいと思っているけど「今のところ考えていません」くらいの嘘はついても大丈夫でしょう。そこまで会社側も調べたりはしませんからね。

そして何て答えていいのか迷うという方は、とりあえず素直に答えたらいいと思います。結婚するつもりの方は「すぐには考えていませんが、いつかはしたいと思っています」くらいは言っても大丈夫でしょう。

ただし、すでに結婚するとはっきり決まっているのであれば、今から結婚の予定があるという事はきちんと伝えておく方が良いです。もう結婚式の日取りも決まっているような段階なのに「今のところ結婚の予定はありません」と答えて入社したのではあまりに誠意に欠けます。

結婚する予定があると正直に答えるのが怖いと思うかもしれませんが、きちんと「結婚した後も仕事は続けていくつもりです」と説明すればそれだけで落とされるような事はそうそう無いと思います。

もしそれで落とされてしまったとしたら、その会社は働く女性に理解が無い会社だったと思って諦めましょう。きっと入社できたとしても色々肩身の狭い思いをするかもしれませんよ。

そして妊娠の予定についてですが、これは既婚者以外はそこまで詳しく聞かれないと思います。もし聞かれたら「将来的に出産した後も仕事は続けたいと考えています」と答えておけばいいでしょう。

要は結婚予定も妊娠予定も「会社を辞められたら困る」という思いから質問している訳ですから、それに対しては「もし結婚・出産しても仕事は続ける」という意思表示ができれば問題ないと思います。

実際にどうなるのかはその時になってみないと分からないというのが正直なところなので、今からありのままを答える必要はないと思いますよ。

女性が働きやすい職場を見つけるには

もし将来的に結婚・出産を考えているのなら、就活の際は結婚後も働きやすい職場選びをしたいですね。

女性の働き方に理解のある職場なら面接で結婚の予定について正直に答えても落とされることはないでしょうし、将来的に子供が出来た際も産休・育休を取得しやすいでしょう。

それに結婚したらあまり残業が多い職場だと働きにくいですから、そうした面も考慮して職場選びをする必要があるでしょう。

こうした女性が長く働ける職場を探したいという方は、女性の就職に強いジェイック 女子カレッジを利用して就活してみてください。

ジェイック

女子カレッジは就職支援サービスを行うジェイックの女性専門コースです。20代のフリーター・第二新卒・既卒女性の就職をサポートしてくれます。

女性専門ということで、扱う求人も女性が長く働きやすい会社の求人が揃っています。またジェイック・女子カレッジ共に扱うのは未経験OKの企業のみという特徴もあります。

そして女子カレッジでは最初に無料就職講座を受けてから集団面接会に参加して企業と面接するという流れになるのですが、この講座では女性社会人の基礎を全般的に学ぶことができます。

ちなみに面接会では書類選考なしで企業紹介を受けられるため、書類落ちばかりだった方も安心です。

就職をお考えの女性フリーターの方は、就職成功率80%以上という高い成功率を誇る女子カレッジを利用して、女性が安心して働ける職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

トップページへ