20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

20代 フリーター就職支援

20代 フリーター就職支援を利用すると就職が決まりやすい!

20代フリーターの方で、

そろそろ正社員にならないと!

と決意して、フリーターから正社員になるために就職活動をスタートしようという方も多いと思います。

就活を既に始めていて、求人へ応募しているけれどなかなか上手く内定がもらえなくて・・・という方もいるかもしれませんね。

「フリーターから正社員になりたい!」

という場合、就職活動のやり方が重要です。

・応募できる求人が上手く見つけられない
・面接に自信が無い
・企業研究の仕方が分からない

就職活動をするといっても、一人で就活をするとなると多くの事をしなければならず大変です。
それに就職活動をしている中で、様々な疑問、不安などが出てくると思います。

一人でそれら全てを解消するのは、なかなか難しいことです。

場合によっては、ずっと同じ理由で不採用が続いてしまうという可能性もあります。
自分では気づけない事って、多いんですね。

ここでは20代フリーター就職支援サイトのおすすめを中心にご紹介をしていますが、こうした就職支援を利用することで、就活の悩み・不安を解消することができます。

あなたにあった求人も探してくれますから、就職活動をするにあたってはメリットが多い就活方法になると言って良いでしょう。

就職成功率も80%以上といったフリーター就職支援サービスばかりとなります。

フリーターから正社員になるための就職支援は、

⇒ フリーター向けおすすめ就職支援サービス

でご紹介をしています。

フリーター就職支援サービスの利用で得られること!

フリーター就職支援を利用すると、ミスマッチを減らして就職が出来る!

20代就職支援を行っている就職支援サービスは今ではたくさんあります。

どの就職支援サービスを利用するかで迷う方もいるかもしれませんね。

共通して言えるのは、ミスマッチを減らして就職先を探す事が出来る、ということです。

就職支援サービスに登録後、面談・キャリアカウンセリングを行います。
(遠方の方は電話、FaceTimeなどで対応可能なエージェントも)

その際、しっかりと仕事探しをするフリーター・ニートの方の適性や興味、強みなどを把握し、具体的な求人紹介へと移っていきます。

紹介する企業についても必ず企業担当者やアドバイザーが足を運び、自分達の目や耳で職場の実際の状況、採用担当者や経営陣から話を聞いて採用のニーズを把握しています。

そのため、就職してから就く事になる業務内容も間違いが少ないですし、待遇なども明確になっています。

職場の雰囲気、社風、入社後に上司になる方の性格なども分かる場合もあります。

こうした求人情報の質という点に関しては、求人サイトはもちろん、ハローワークは太刀打ち出来ない点といっても良いでしょう。

フリーター就職支援サービスを利用する事で得られる情報の質、量の多さによりミスマッチを極力減らして就職先を見つける事が可能となります。

適職を見つける事が出来る

フリーターから正社員就職しよう、と思った時点で「やりたい仕事」が明確になっている方は少ないです。

多くのフリーターの方は自分にどんな仕事が向いているか、応募したい会社をどうやって探したら良いかで迷っているのではないでしょうか。

求人を見ながら就職先について考える方は多いと思います。

就職支援サービスを利用するメリットの一つは、キャリアカウンセリング(就職相談)を通して「やりたい仕事」が見つかっていなくても、カウンセリングを通して適職や強みを活かせる仕事を探せることです。

企業へも足を運び、しっかりと取材し情報を把握しているからこそ、適職や向いている職場、社風などから求人を提案してもらう事が出来ます。

情報収集から始めたい、というフリーターの方。

やりたい仕事が見つかっていないので、就職相談をしたいというフリーターの方などの利用も多いそうです。

仕事探しに関して何でも気軽に相談して欲しい、というのは各就職支援サービスの担当者は共通して言われることです。

大手企業、優良企業・ホワイト企業の紹介もあり

就職支援サービスでは、優良企業からの求人が多数あることも大きな特徴です。

利用する就職支援サービスにもよりますが、一部、大手企業からの求人がみられることもあります。

応募の条件もあるでしょうから誰もが紹介されるとは限りませんが、通常の求人サイトでは見られない非公開求人の中に大手企業、優良企業・ホワイト企業の求人が多数ある事は、十分にフリーター向け就職支援サービスを利用するメリットになるのではないでしょうか。

ハローワークより気軽に利用しやすいジョブカフェ

正社員を目指して就職活動を行う際、様々な就職支援を受けることができます。

特に就職・転職活動に慣れていない若い世代のフリーターの場合、就職サポートを受けながらの就活の方が成功率もアップするはずです。

こうした就職支援はどこも無料で利用できるところばかりなので、活用しない手はないですね。

就職支援を行う機関として有名なのはハローワークでしょう。仕事を辞めたらとりあえずハローワークに行くという方も多いと思います。

ハローワークは仕事を探している幅広い年代に就職斡旋を行っていますが、若者に絞って支援を行っているのがジョブカフェです。

ジョブカフェは各都道府県が所管する、20代~30代の若者の就職支援を目的とした施設です。

求人検索をはじめ、カウンセリングや職業相談、履歴書の添削や模擬面接、就職セミナー、職業体験など様々な就職サポートを無料で受けられます。ハローワークが併設されているジョブカフェもあります。

ハローワークでも色々と相談に乗ってもらうことはできますが基本的には職業紹介がメインとなりますし、若者以外の利用者も大勢いるので混んでいてじっくり話す時間がとれないことも多いです。

就職活動が初めての方や、どんな職種・業種を目指すかまだ決まっていないという方は、いきなりハローワークで仕事探しをスタートするよりもジョブカフェに相談しに行く方がいいでしょう。

カフェという名のとおり、ジョブカフェはハローワークに比べて気軽に立ち入りやすい雰囲気があります。年齢制限を超えると利用できなくなるので、今のうちに大いに活用しましょう。

民間の就職支援も活用しよう

20代の若者向け就職支援は民間の就職支援サービスにもあります。

民間の就職・転職支援サービスには色々種類がありますから、最大限に活用するためには自分の状況・目的に合ったサービスを選ぶことがポイントになります。

20代フリーターが就職するためには、カウンセリングや面接対策などのサポートを受けることももちろん効果的ですが、どんな求人に応募するかという点も重要になってきます。

20代フリーター向けの就職支援サービスでは、就職経験の少ない(もしくはゼロの)方でも採用される可能性が高い「未経験歓迎求人」を多く取り扱っています。

同じ年齢でも正社員からの転職組とフリーターからの就職組では置かれた状況が大きく違いますから、フリーター向けの就職サポートに特化したサービスを利用する事が就職成功率アップのカギとなります。

フリーター就職支援サービスについては、

民間のフリーター就職支援を活用

のページでもご紹介していますので、こちらもご覧になってみてください。

フリーター向けのおすすめ就職支援サービス

20代フリーターの就活に活用していただきたい、フリーター・第二新卒・既卒者を対象とした民間の就職支援サービスをご紹介します。

DYM就職

DYM就職はフリーター、第二新卒、既卒、ニートの正社員就職に強い就職支援サービスです。

就職率が96%と非常に高いのが特徴で、多くのフリーターが就職に成功しています。社会人経験が無いという方もサポートを受けられます。

DYM就職では書類選考無しで面接までセッティングしてもらえるため、いつも書類選考で落ちるという方にもチャンスが広がります。

また、扱う求人はDYM就職が厳選した2000社以上の優良求人の数々。中には一部上場企業やトップベンチャー企業なども含まれています。

東京、大阪、名古屋、福岡、札幌に支社があり、幅広いエリアの求人をサポートしています。

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象にした就職支援サービスです。

未経験OKの正社員求人に強く、数多くの正社員就職を成功させた実績があります。企業ごとの面接対策・面接後のフィードバックも成功率アップにつながっています。

扱う求人はハタラクティブの担当者が実際に目で見て確認した職場のみなので、劣悪な環境の職場に当たるリスクが少ないというのも魅力です。

主に東京を中心に神奈川、千葉、埼玉の求人、大阪エリアの求人を扱っています。

就職Shop

就職Shopはリクルートキャリアが運営する若者向けの就職・転職サービスです。年齢制限はありませんが、利用者のほとんどが20代ということです。

就職Shopでは書類選考無しで未経験歓迎・面接重視の求人を紹介してもらえます。さらに100%訪問取材した企業の求人だけなので安心です。

店舗は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、神戸、京都にあり、首都圏・関西の求人をカバーしています。

フリーターや第二新卒・既卒者向け就職支援サービスのほとんどが20代を対象としていますし、未経験者を採用しようとする企業もその多くは20代を求めています。

そのためフリーターから就職するなら今が勝負なんです。

30代になってから「あの時本気で就活していれば…」と後悔しないために、ぜひ20代の今のうちから就活をスタートさせてくださいね。

20代フリーターの方の就活には、こうしたフリーター就職支援の活用がオススメです。

フリーター歴が長い人こそ、就職支援の活用がおすすめ

フリーター歴が長くなると、同時に年齢も高くなっていることを意味しますよね。

大学卒業後、フリーターを5年していたとすれば27歳という方が多いと思います。
浪人、留年していれば28歳、29歳といったフリーターの方もいるかもしれませんね。

正社員になるために就職活動をする場合、フリーター歴の長さも影響はありますが「年齢」もとても重要な内定獲得の要素となってきます。

就職しやすい20代を逃し、30代でフリーター・ニートになってしまうと、さらに就職できない状況が続きやすくなってしまいます。

企業の採用担当者は、未経験者が就職しやすいのは20代、ということで考えています。

30代で職歴なしフリーターからの応募があった場合、

「何らかの問題があって20代の間に就職できなかった人」

と判断する可能性が非常に高いです。

つまり採用するリスクが非常に高い人、という判断です。

職場としても年下の部下、それも業務についての知識が無い未経験者が入社することになりますから、教育や研修の負担が非常に大きくなってしまいます。

30代はまた伸びしろが少なくなってくる年代です。

そのため、書類選考で不採用になることが非常に多くなってしまいます。

未経験者を採用するなら20代限定で、という企業が多いのはこうした理由などがあるためです。

フリーター歴が長くなっている方、20代後半フリーターの方は就活が長引くことを避けるためにも、就職支援サービスの活用がオススメです。

トップページへ