20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

年長フリーターの就職活動

年長フリーターの就職は厳しくなる

フリーターから正社員になるのはなかなか厳しいものがあります。しかしフリーターでも、まだ比較的若いのであれば、まだチャンスはあります。

25歳くらいまでであれば、真剣に就職活動をすることで、正社員として採用される可能性があります。20代後半以降は、29歳くらいまでであれば、案件の数は少なくなってしまうかもしれませんがまだ、転職先を確保できる可能性は高いです。

ただし、30歳を過ぎてフリーターをしている人が正社員に就職するのは、かなり厳しくなってきます。

なぜ30歳を超えたフリーターの就職が厳しいかと言うと、一般企業で大学卒業して仕事をしている人を考えてみると、そろそろ肩書が付くような年代だからです。

部署のトップになって、部下を指導しながら仕事をするような世代です。そのような年代の人を全く仕事の経験の持っていない状態で、下っ端から始めさせることに抵抗を感じる企業は多いです。

また30代のフリーターを正社員として就職させると、例えば年下が上司と言うことも十分にあり得ます。すると使う方も使われる方もどうにも違和感があって、気まずさが出てきてしまうことがあります。

そうなると職場の雰囲気も悪くなってしまうので、そのような所を恐れてなかなか採用できない所もあります。

しかし年長フリーターの方をフリーターのままにしておくのは決して国レベルで見てみてもプラスにはなりません。労働力の低下を招くことになり、引いては国力の低下にもつがってしまう可能性があります。

ですから今後本格的に年長フリーターが増える恐れがありますので、積極的な支援が進むことが予想されています。

即戦力が欲しい中小企業

何らかの理由により、フリーター生活を続けているという方も、今は多いと思います。

など、他にもあるかもしれません。

大企業では新卒採用などの求人募集もしていますが、中小企業はすぐに即戦力となる人材を欲しがっていますし、何より本人のやる気というのが重要となります。

年長フリーターになると、いろいろな仕事をしてきたかまたは、一つの仕事に長年勤めていたかという事になります。その経験を活かした就職活動をしてみるのも良いかもしれません。

本当に、フリーターから就職をしたいと思う気持ちがあれば見つかります。

最初のうちは、やはりとても大変かもしれませんし、ついらいかもしれませんが、諦めずに頑張ることです。フリーターをしながら、就職活動をしていくのです。

年長フリーターの場合、就職先も狭まってきてしまいます。一日も早く動くことは、とても重要となります。

会社の中でもアルバイトの経験を重視して採用する所も出てきているので、まずは情報収集をしてみると良いでしょう。

トップページへ