20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

29歳からの逆転、正社員就職

29歳ならまだまだ間に合う!

29歳という年齢は様々なことを考えますよね。30代が近付いていますし、20代の終わりを実感する年齢ではないでしょうか。

友人知人が多ければ、どうしても周囲と比較すると思います。

「彼は会社員で安定してるのに、自分はどうしてフリーターなんだろう」
「彼女はOL生活をエンジョイしてるのに、どうして自分は無職なの?」

そんな風に思っていませんか?しかし29歳という年齢は、まだまだ可能性に溢れていますよ。

『えっ? もう若くないでしょ?』と思うかもしれませんが、10年後、20年後と比較して下さい。今のまま正社員経験もなく、39歳になっている自分の姿、49歳の自分の姿…。

まだリアルに想像できないかもしれませんが、生きている限り、必ずその年齢に達します。その時に後悔しても、就職は厳しいんですよね。

しかし29歳なら、まだまだ就職しやすく、人生逆転も現実的ですよ。それに志望動機も練りやすいですからね。

「20代は夢を持ってバイト生活を続けていた。30歳を前に社員として地に足を付けて働きたいと思った」という内容を広げても良いでしょう。

これが35歳で初めての就活だと、志望動機に迷ったり、自己PRが困難になるかもしれません。40歳や45歳なら尚更ですよね。よほど難易度の高い資格に合格すれば別ですが、基本的に35歳、40歳で就活しても難しいと思われます。

しかし29歳なら、十分に正社員のチャンスがありますので、積極的に仕事を探してみて下さい。

29歳と30歳で線引きされる?

企業の人事担当者も、29歳と30歳で線引きするケースが多いですよ。たった1年の違いですが、29歳には29歳の印象、30歳には30歳の印象がありますからね。

29歳の志願者に対しては、

「30歳になる前に正社員を目指しているのかな?」

と考えやすいです。それに対して30歳の志願者には、

「30歳なのになぜフリーターなの? 20代のうちに就活しなかった理由は?」

と思われるかもしれません。

もちろん全ての企業がそう考えるわけではありませんが、一般的に20代と30代の印象は(たった1年で)全く違うんですよね。私も採用担当の仕事をしていましたが、同じように考えていましたよ。

その時々の求人内容にもよりますが、

【パートスタッフは年齢不問】
【正社員や契約社員は29歳まで】

など、最初から具体化して募集する機会が多いです。その条件に該当する志願者の履歴書を見て、はじめて面接を行うパターンですね。

バイトやパートは比較的すぐに採用しても、正社員には時間をかける会社が多いですし、29歳のうちに就活を行う方が色々と有利でしょう。

それに、『20代のフリーター、既卒、第二新卒』をサポートしている人材紹介会社が多いですからね。人材紹介会社の公式サイトにそのような表記が見られるということは、【未経験者は29歳までOK】と考えている企業が多いのではないでしょうか。

少なくとも、そのような予測は成り立ちますね。

正社員はメリットが多いですよ

今までお話ししてきたように、「29歳は充分に正社員就職のチャンスがある」と言えますし、人生逆転も可能です。

やはりフリーターと正社員では安定性・将来性が大きく異なります。

福利厚生が充実していたり、基本給に加えて、各種手当が支給されることもあるんですよね。夏と冬にボーナスが出る企業もありますし、何より『責任あるポジション』に充実感を覚えるのではないでしょうか。

アルバイトを何年続けても、仕事を通して成長を実感しづらいと思います。雇用する側としても、フリーターに大きな期待はしていないんですよね。しかし正社員なら、会社からの期待が大きいですし、日々の仕事にやり甲斐を感じやすいでしょう。

その分、大きなプレッシャーが掛かることもありますが、それは正社員の宿命ですね。プレッシャーが掛かる分、立場が安定していて、フリーターより高年収を狙えるわけですから。

また、社会的な信頼性に関しても、アルバイトや派遣より高いですよ。クレジットカードを作りやすい、各種ローンに通りやすい、というメリットもありますから、ぜひ29歳のうちに就職を決めて下さいね。

先ほど「20代のフリーター、既卒、第二新卒をサポートする人材紹介が多い」とお伝えしましたが、当サイトでも人気の就職支援を紹介しています。

フリーター就職サイト

はじめての就活でも、しっかりサポートを受けられるサービスですから、気軽に無料登録すると良いでしょう。

トップページへ