20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

職歴を作ること

働いてきた職種に絞る

フリーターから正社員になることは、決して楽ではありません。フリーターから正社員になれないのは、経験の有無が大きく採用に影響するからです。

例えば、ある資格を勉強して取得することができたとします。しかし資格があっても、実務経験がないとはじかれることも多いです。では、実務経験を積むためにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、アルバイトでも派遣でも、非正規労働でも構いません。同じような職種で実務経験を積みましょう。できれば、同じ職場で働き続けることです。そうすることで、アルバイトでもいろいろな仕事を回してもらえる可能性が出てきます。

ある程度の実務経験を積んだら、バイトや派遣として働いてきた職種にターゲットを絞って応募することです。そうすれば、バイトや派遣として経験してきた仕事の体験を面接の場でアピールできる可能性も出てきます。

フリーターの方の中には、漠然と仕事をしている人もいませんか?そうではなく、例えバイトでも将来の就職活動を見据えて、仕事探しすることが重要です。

フリーターでも就職できるチャンスはある!

また就職先の視点を少し変えてみましょう。大企業は、まだ年功序列の制度が残されている所があります。このため、新卒を積極的に採用するのです。

しかし中小企業を見てみると、不況などの影響があって、年功序列の制度はすでに崩れてしまっています。ですから逆に言えばフリーターでも、就職できるチャンスはあります。

即戦力と判断されれば、たとえ新卒でなくても採用してくれる可能性があります。バイトの職歴でも、長期にわたって仕事をしてきたのであれば、評価してくれるところは評価してくれます。

またダメもとでどんどん応募することも重要です。下手な鉄砲数撃ちゃ…というやつです。実際にフリーターから就職できた方もいます。

もし、今が楽しければとか、仕事が嫌になれば辞めればいいや・・・・という考えは辞めた方が良いかもしれません。

若いうちはフリーターでも生活が出来るかもしれませんが、ある程度の年齢になるとそうはいきませんし就職先もなくなってきます。違う職業を転々としてしまうと、何も自分の身につかないので、多少の我慢も必要です。

正社員として働くのであれば、20代から仕事を探しをすることをお勧めします。自分よりも若い世代のフリーターが、毎年増えてくるのです。企業側も、若いフリーターを採用するようになれば次に待つのはニートという生活です。そうなる前に、先を見据えて仕事を選んでいくことはとても大切となります。

いざ正社員になろうとしたときに、アルバイト歴が長いと書類で落ちてしまうという事もあります。書面だけで決められてしまう場合もありますので、今の環境を変えるように頑張ってみてください。

トップページへ