20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

30歳になると未経験求人は減る?

フリーターから就職するポイントは未経験者歓迎求人

フリーターから正社員を目指す近道は、未経験歓迎求人に応募する事です。

基本的に、ニーズの高いスキルや専門性の高いスキルを持っている場合は別ですが、そうでなければフリーターから正社員求人に応募しても簡単には採用してもらえない可能性が高いです。

同じ年齢の人が応募してきたとしたら、やはり企業側としてはフリーターよりも正社員から転職する人の方を採用したいと思うからです。

ですが、未経験者を歓迎している企業の場合はそうとは限りません。「未経験者可・未経験者歓迎」と銘打って募集している企業は即戦力を求めているのではなく、一から人材を育てていこうという意思を持っているケースが多いからです。

自社で活躍してくれる人材を育てていこうと思った時、予備知識のないまっさらな人の方が素直に意見を聞き入れて仕事を覚えてくれるので教育しやすいという傾向があります。

逆に他の企業での勤務経験があると変な固定概念を持ってしまう事も少なくなく、教えても素直に従ってくれない場合があります。ですからこうした経験がある企業はむしろ経験者を敬遠することもあります。

一般的には転職で有利と言われる「経験者」も、むしろ不利になる場合もあるという事です。逆にフリーターのように職歴があまりないような人の方が歓迎されるケースもあるという事で、それが未経験者歓迎求人なんですね。

30代の未経験者は採用してもらえない?

では未経験者歓迎求人はすべてのフリーターを歓迎してくれるのかというと、そういう訳でもありません。

一から人材を育てたいという意図で求人を出す場合、多くの企業は20代の若い人材を想定しています。職歴や学歴はあまり気にしなくても、年齢は気にするという企業が多いのです。

ですからいくらやる気があっても、30代で未経験から入社しようとするのはちょっと厳しいかもしれません。

なぜ20代を欲しがるのかというと、入社してから教育して実際に使い物になるまで数年はかかります。20代前半で採用しても会社に貢献してくれるようになるのは20代後半です。

30代というと会社としてはもう管理業務の方を担ってもらいたい年代ですから、その年齢で入社してきて一から教育を始めるのでは遅いという事になるのです。

また、未経験で採用するには年齢だけでなくやる気や素直さが大事になってきますが、30代になるとこの素直さが徐々に損なわれていきます。

これは性格にもよりますが、自分より年下の上司に怒られるのはなんか腹が立つという人は多いですよね?30歳ともなると教育係が年下の社員になる可能性も少なくありません。

こうなると教えてもらう側も素直に意見を聞けなくなったり、教える側もやりづらさを感じる事が多くなり、結果的に「使いづらい人材」となってしまうのです。

企業側のニーズを知る

これらの点から、残念ながら30歳を過ぎると未経験者歓迎求人に応募しても歓迎してもらえないケースがグッと増えます。

求人票でも「ただし未経験者は25歳まで」という言葉をよく目にします。未経験歓迎求人に応募するならできるだけ早いうちに、という事ですね。

とはいえ、30代になったらもう応募できる未経験可求人がないという訳ではありません。確かに数は一気に少なくなりますが、根気良く探せば見つかるかもしれません。

例えば従業員がみんな50~60代だとしたら、30代はまだ若手のうちに入りますよね。この場合むしろ若すぎる20代より落ち着いた30代の方が上手くやっていけそうです。

このように30代未経験者のニーズも少ないながら存在します。要はどうやってこうした企業の求人ニーズをキャッチするかということですね。

就職支援サービスでは実際に企業に足を運んだり採用担当者と話をしたりして、企業がどんな人材を求めているのかという情報を持っています。その情報を元に、登録している求職者の中から合致する人材をマッチングします。

ですから就職・転職支援サービスに求人登録しておけば、30代未経験者歓迎求人が出てきたときにいち早く紹介してもらえるのです。

自力でこうした企業側のニーズを知ることには限度がありますから、ぜひこうした就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

就職支援サービスにも色々あり、中には20代に限定しているところもあります。登録する際には30代にも対応してくれる所を選んでくださいね。

限定求人多数!リクナビNEXT

トップページへ