20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

大卒フリーター 就職活動の進め方

大卒はやっぱり高卒より有利

大卒フリーター、就職活動の進め方に関するページです。

大卒フリーターは高卒フリーターよりも選択肢が広いですよ。私は大学中退なので、大卒求人に該当しませんでした。20代半ばで初めて就職を考え、ハローワークに行きましたが、そこで現実を知ったんですよね。

つまり、「高給与の正社員求人の多くが大卒」ということです。

最終学歴が高卒の私にとって、大卒求人には履歴書を応募できません。求人票を印刷して窓口に持って行っても、「大卒でなければ難しいですよ」と言われましたしね。

「それでも企業に聞いてもらえませんか? 有利な資格を持っていますので」と私。
「分かりました」とハローワークの職員。

職員が会社に電話をかけて確認したところ、「一応、履歴書・職務経歴書は送ってもいいですよ」と言われ、自宅に帰って履歴書を作り、応募しましたが…当たり前のように、書類審査に通りませんでした。

元々が大卒求人なので仕方ありませんが、逆に言うと大学を卒業していれば、最低限の条件はクリアできたことになります。そのくらい大卒は有利と、まずは理解して下さいね。なかなか自分の立場は客観的に見れないので。

たとえアルバイト以外に働いたことがない、社会人経験がなくても、大卒の学歴は活かせますよ。ただし、やみくもに就職活動を進めても難しいでしょう。

ハローワークは求人数の多さが魅力ですが、サポートに関しては期待できません。一件一件の求人内容に関しても、詳しく把握していないでしょう。それゆえに、

のかもしれませんが、大卒フリーターの仕事探しとして、あくまでも併用がおすすめです。メインで利用する媒体を確保した上で、ハローワークはサブ的に利用する、ということですね。

では、どのようなメディアをメインにすると良いのでしょうか?

大卒フリーターが利用したい就職支援サービス

結論からお話しすると、大卒フリーターが最初に利用したいのは、民間の就職支援サービスです。

当サイトでも紹介していますが、民間の就職支援の中には、

20代のフリーター・既卒・第二新卒

を対象にしているサービスがあるんですよね。

そのような就職支援を利用することで、大卒フリーターから正社員になりやすいと言えます。求人紹介まで行っている支援サービスなら、徹底的なサポートも期待できますからね。

先ほど「大卒者は就職に有利」とお話ししましたが、それでも、新卒時の就活と比較してハードルは高いでしょう。新卒のライバルは同じ新卒ですが、大卒フリーターの場合、時に経験豊富な社会人がライバルとなるからです。

フリーターでも学校を卒業すれば社会人ですし、基本的に社会人は中途採用なんですよね。しかし『20代のフリーター・既卒・第二新卒』の就職支援サービスを利用すれば、直接ベテラン社会人と競う必要はなくなります。

そのような就職支援を利用するのは、「本気で20代のフリーターに来て欲しい」と考えている企業です。

ハローワークや求人雑誌の中には、【未経験歓迎】【フリーターOK】と記載されている正社員求人もありますが、本当にフリーターを歓迎しているかどうか? までは分かりません。

しかしフリーター歓迎の求人豊富な人材紹介を利用すれば、遠回りせずに就活できますよ。

同じフリーターでも、高卒と大卒では可能性が変わりますから、あなたにとって非常に有利と言えるのではないでしょうか。

関東地方、関西地方にお住まいなら、サポート万全の就職支援を利用しやすいので、気軽に無料登録を行ってみて下さいね。

トップページへ