20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

20代と30代で差が出る就活の温度差

30歳は人生の大きなターニングポイント

三十路を人生の一つの区切りと考える方は多いですね。30代に突入すると体力の衰えを感じ始め、気持ちは若くても体が追い付かないというか、若い頃と同じようにはいかないなぁと切なさを感じる機会が多くなります。

女性の場合は特に30歳が節目となることが多いかもしれません。30を過ぎると急速に肌のたるみや体のラインの崩れが気になってきますし、婦人科系の病気のリスクも上がってきます。

そして最も意識するのは結婚についてでしょう。最近は晩婚の方も増えてはいますが、やはり30歳までには結婚したい!と考える女性は依然として多いです。将来的に子供が欲しいから高齢出産になる前に…という事情もあります。

30代フリーターを取り巻く厳しい環境

このように30代になると体調、心境共に様々な変化がありますが、実は社会的にも20代と30代では取り巻く環境もが大きく変わってきます。元々フリーターの社会的立場は弱く肩身の狭い思いをする事も多々ありますが、これが30代になるともっと顕著になってくるんですね。

30代というと、企業で働く一般的なサラリーマンは平社員から徐々に出世していく時期。同世代の人達が給料も社会的地位も上がってきている時に自分だけフリーターだと、かなり劣等感を感じてしまうのではないでしょうか。同窓会にも参加しづらくなってくるかもしれません。

結婚にしてもそうです。ただでさえフリーターだと相手の親に良い印象を持ってもらえないのに、これが30歳を過ぎていたらかなりの確率で反対されるでしょう。実際に子供の養育費や家のローンを払っていく事を考えるとフリーターのままでは厳しいですしね。

こうした事情から、30代になると多くのフリーターが今の状況に危機感を覚えます。そして本腰を入れて就活を始めます。20代と30代では就活に対する意識に温度差がありますが、それにはこういった現状への不安・焦りの大きさが関係しているんですね。

パートナーから結婚を迫られている、フルタイムで働けるバイト先がなくなってきた、金銭的に余裕がなくなってきたといった切羽詰まった状況にある分、20代とは就職に対する本気度が違うという訳です。

20代のうちから本気で就活を!

30代という年齢に焦りを感じて本気の就活を始めたとしても、ここでもまた30代に対する風当たりの強さを痛感する事になります。

就活ではフリーターというだけで不利ですが、30歳を過ぎたらもうほとんど見向きもされません。今までは何とか面接まで行けたとしても、30代フリーターは書類選考すら通らなくなります。

就活において若さややる気でゴリ押しできるのは20代まで。30代ともなると企業側はある程度のスキルや経験がないと採用しません。もちろん30代フリーターがもう就職できないという訳ではないのですが、かなり厳しい道のりとなることは間違いないです。

このように、同じフリーターでも年齢だけで市場価値にかなりの差が出てきます。就活はできるだけ早く始めた方が良いという話はよく聞きますが、30代になると身に染みて感じることでしょう。

口では「早く就職してフリーターから卒業しなきゃ」と言っていても、実は本当の危機感を感じていない20代フリーターは少なくないように思います。しかし、30代になったらフリーター脱出への思いは強まるのに就活成功率はぐんと下がってしまうのです。

20代のうちなら未経験でも採用してもらえる可能性はアップしますし、就職先の選択肢もぐんと広がります。本気を出すなら今!ですよ。

トップページへ