20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

社会人未経験 フリーター向け就職サイト

社会人未経験向け就職サイト

社会人未経験、職歴なし。

ずっとフリーターやニートとして生活してきたけれど、そろそろ正社員就職しないと・・・

と思いつつも、ブランク期間の長さから就活をスタート出来ない人も多いのではと思います。

就活を始めても不採用になりそうで怖い、といった不安があるフリーターやニートの方も多いかもしれません。

今まで就職した経験が無くても、フリーター期間が長くても大丈夫です。
20代であればまだまだ就職するチャンスがあります。

未経験者から正社員として就職を目指すには20代までが求人が見つかりやすく、チャンスの多い年齢なんですね。

フリーター脱出のために利用するのは社会人未経験向け就職サイトです。

文字通り、職歴なし・社会人未経験の既卒、フリーター・ニート、大学中退者の就職支援をメインとしており、就職相談が出来ます。

内定率80%以上といった就職サイトが多いので、自力で就職活動を頑張るよりも高確率で内定をもらえると言えます。

いずれの就職支援を利用しても、独自の基準でブラック企業を除外して求人紹介をしてもらうことが出来ます。
そのため、ブラック企業に就職したくないフリーターやニートの方にもオススメです。

社会人経験なし、30代の就職は厳しい・・・

今もしあなたが20代なのでしたら、出来るだけ早く就活をスタートされることをオススメします。

社会人未経験のまま30代のフリーター・ニートとなってしまうと、就職するのは非常に難しいです。
少なくとも、求人を選べるのは20代まで、それも27歳くらいまでとお考えになって良いと思います。

30代になって職歴なし、となると企業としては「何か問題があって就職が出来なかった人」ということで選考にあたるケースがとても多いです。
自分としてはあえて就職しなかった、と考えていても他人はそうは見てくれません・・・。

また、30代には即戦力としての経験、スキルを求める企業が大半です。

そこへ職歴なし・社会人未経験者が応募をしても、他の求職者との比較により書類選考で不採用になることがほとんど、といって良いでしょう。

職歴なし・社会人経験なしで30歳を迎えてしまうと、一気に就職が難しくなる現実はしっかりと受け入れることが必要といえます。

もし今29歳、といったフリーターやニートの方は、出来るだけ早く就職活動をスタートすることをオススメします。

後ほどご紹介する社会人未経験向け就職サイトを利用すれば、マッチングにもよりますが短期間で就職成功できる可能性があります。

アルバイトは職歴にならない。フリーター歴が長い方は注意

フリーターといっても色々な人がいますね。バイトを掛け持ちしながらせっせと働いている人もいれば、実家住みでたまに短期バイトをするだけのニートのような生活を送る人もいます。

過去の職歴も様々で、大手企業で正社員として数年間働いていた経歴のある人や、学校卒業後就職せずにアルバイト先を転々としてきた人など。

フリーターになった理由も、就職できなくてしかたなくなった人、自ら進んでフリーターになった人と様々です。

フリーター歴がすっかり長くなって、という方もいるのではないでしょうか。

職歴として他に書く事が無いから・・・とアルバイトを職歴としてアピールする方も多いのですが、あまり有効なアピールにはならない事が多いのです。

応募している職種、仕事がアルバイトと関連していれば評価される事はありますが、その他の場合には、特に評価されることはありません。
しっかりアルバイトして働いていたんだな、といった印象は与えることが出来ます。

そういった意味では、ニートの方よりは有利かもしれません。

このようにフリーターの境遇は人それぞれですが、中には一度も就職したことがないという方もいらっしゃるでしょう。正社員未経験、さらにはアルバイトもした事がないという全くの社会人未経験の方もいらっしゃるかと思います。

同じフリーターでも、その人の経歴によって就職難易度は大きく変わってきます。

転職市場で重視されるのは職歴やスキル・経験ですから、そういった点からいうと社会人未経験者は経験豊富なライバル達と比べられたらかなり不利な状況にあると言えるかもしれません。

社会人未経験から就職するには?

同じ社会人未経験者でも、年齢によっても立場は大きく変わります。20代前半であればまだまだ大丈夫!

若いというのは思っている以上に武器になりますから、「もう24なのに社会人経験ない…もうどうせ就職なんて無理だ」なんて言ってる暇があるならどんどん応募した方が良いです。

20代後半~になってくるとさすがに厳しくなってきますね。やみくもに応募しているだけでは就職成功率は低くなります。ですから採用される可能性が高い求人に絞って応募していきましょう。

社会人未経験でも採用してもらえそうな求人といえば、未経験歓迎求人です。

未経験者を歓迎しているということは、特定のスキルや経験を求めている訳ではないということ。つまり即戦力としては期待していないので、その仕事が初めてなら一から教えてくれるのです。

スキルや経験が関係ないなら社会人未経験者でも正社員経験者と戦えますよね。あとはやる気や向上心などの部分での勝負となります。

しかしこうした募集はそう簡単に見つかるものでもなく、自力で探すのは大変です。そこでおすすめなのがフリーター就職支援サイトです。

フリーター向けの就職支援サービスではこうした未経験歓迎求人を数多く扱っているので、効率的に就活を進めることができます。

さらに求人紹介だけでなく、フリーター就職のためのサポートも受けることができます。中には社会人マナーについての講習などもあるので、「もし就職できてもちゃんと働けるのか不安」という方も安心ですね。

社会人未経験向け就職サイト

20代フリーター向けの就職支援サービスには

などがあります。無料で利用できるので、就活を始めるならまずは登録してみてはいかがでしょうか。

これらのサービスを利用して、多くの未経験者が正社員就職に成功しています。DYM就職をはじめとして、フリーター就職支援サービスでは社会人未経験者でも相談に乗ってくれますよ。

さらにDYM就職、ジェイックでは書類選考無しで企業と面接できますから、いつも書類選考で落ちてしまうフリーターの方も人間力で勝負できます。職歴が無い社会人経験無しの方はなかなか面接まで辿り着けないことも多いので、チャンスが広がりますね。

社会人未経験フリーター・ニートが就職する難しさ

何らかの理由により、大学中退後や既卒フリーター・ニートとして過ごした後、正社員就職を目指す場合、ブランク期間や年齢によって就職が非常に難しくなります。

特に年齢は就職に大きく関係してきます。

未経験者を育てるには、時間が必要だから。
といった事ももちろん理由としては考えられます。

職業的に若い方が学びに有利なITエンジニアなどの仕事は、20代前半でなければ未経験からの正社員就職は難しいといえます。

年齢が上がるにつれて就職が難しくなる理由としては「給与」の問題もあります。

会社の給与体系というものがあり、30代、40代ともなれば相応の給与が用意され、給与に見合った人材でなければ採用が難しいという事があります。

30代でも未経験者だから新卒同様の給与で採用しよう、と言ったことが難しい企業が多いのです。

30代以降は即戦力、転職希望者のみを中途採用。
そうした企業が非常に多いのが現状です。

社会人未経験となると、社会人としてのマナーから教えなければなりません。
そうした研修など時間的なコストを大きな負担と感じる企業はとても多いです。

そのため、就職支援講座がある、

ジェイック

のような研修を終えた20代と面接が出来る就職支援は利用する企業が多いのでしょう。

少なくとも、基本的なビジネスマナーを研修期間中に身に付けているので、採用のハードルが下がっていると考えられます。

中小企業の多くは、出来れば即戦力を採用したいと考えています。
しかし、なかなか即戦力となるような経験者は採用が難しいのが現状です。

そのため、社会人未経験のフリーター・ニートの採用ニーズが高まっていますが、その中でも差が生まれます。

全くの未経験者よりも、研修を終えて少しでもビジネスマナーや仕事への取り組みが出来ている人材の方が採用されやすいといえます。

トップページへ