20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

バイト先で正社員登用してもらえない

バイトから正社員になりたい

正社員を目指すフリーターの方の中には、正社員求人を探して応募するという就活ではなく、今働いているバイト先での正社員登用を狙っているという方もいらっしゃると思います。

バイト先でそのまま就職できるならわざわざ就活しなくてもいいから楽ですよね。それに職場の人間関係についてもみんな知っている人達なので、新しい職場で働き始める時の不安というのもないです。業務に関してもゼロからのスタートではなく、バイト時代の経験が大いに役立ちます。

こうしたメリットがあるので、正社員になりたいというフリーターにとっては正社員登用は魅力的な話です。今の職場に不満があったり、ここで正社員になるのは嫌だという事情がない限りはバイト先で正社員登用を目指すのも良い就活方法の一つだと思います。

しかしその一方で、バイト先で正社員になりたいのになかなか正社員登用してもらえなくて困っているとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今のバイト先に正社員登用制度はある?

そもそも今のバイト先で正社員登用を目指し始めたのはいつからでしょうか。

もし元々正社員登用制度という存在そのものを知らず、知人の話やネットの情報で最近知ったのなら、今のバイトに応募する時には正社員登用の事は一切頭にはなかったということになりますよね。

その場合は今の職場で正社員登用制度があるかどうかはチェックしていないはずなので、まずはそれを調べることが先決です。求人票に載っていることが多いですが、今からでも上司や店長に聞けばすぐ分かると思います。

もしここで「悪いけどうちはバイトから正社員にはしないんだ」と言われたら、今の職場で正社員にはなれません。長いこと勤務しているのに正社員にしてもらえないというのも当然ですね。

正社員登用してもらえない理由

では、正社員登用制度はあると言われた、もしくは最初から知っていてそのバイト先を選んだという場合はどうでしょう。バイトから正社員というキャリアパスは用意されているはずなのに、なかなかそれが実現しないというのにはどんな理由があるのでしょうか。

まずは自分の実力不足が考えられます。正社員登用制度があるからといって誰でも正社員になれるとは限りません。正社員になれるだけの資質が無いといつまでもバイトから正社員に昇格は出来ません。

しかし実際には、自分に原因があるわけでもないのに正社員にしてもらえないというパターンも結構あります。多いのは正社員登用をダシにしてバイトを確保しようというケースですね。

正社員登用ありのバイトは人気が高いので、「正社員になれるチャンス!」「正社員を目指せる!」と言っておけば応募者は集まりやすくなります。しかもそれで入ってくる人達は正社員になりたくて一生懸命働いてくれますから、会社にとっては良い事だらけです。

そしてバイトが「そろそろ正社員にしてほしい」と言ってきたら、あれこれ理由をつけて断わったり、辞めないように上手い事説得して引き止めようとします。

そうやって正社員登用する気のない会社が正社員登用の可能性をちらつかせるケースが少なくないんですね。人が集まりにくい仕事や、バイトで下積みしてから正社員になることが多い業界でもよくあります。低賃金で一生懸命働いてくれるバイトは都合のいい存在なんでしょう。

あとは、会社の業績が悪くて正社員登用ができないケースも考えられます。元々正社員登用も視野に入れた上でバイト募集をしたものの、途中から状況が変わってしまったという事ですね。

正社員登用ありというのはあくまでも正社員になれる可能性があるというだけの話ですから、採用された時点で正社員登用が約束された訳ではありません。過度な期待は禁物です。

ですからどんな理由があるにしろ、「今後今の職場で正社員になれる可能性が無さそう」と思われる場合は、そこでの正社員登用は諦めた方がいいかもしれません。

見込みのない正社員登用は諦めて就活を始めよう

今の生活の先に正社員が待っているのであれば1年、2年とバイトを続けてもいいんですが、それが不確定だったり見込みがないのであれば、それ以上バイトを続けるのは職歴の事を考えると得策ではありません。

正社員で3年働くのと、アルバイトで3年働くのでは全く違います。積める経験が違うので身に付くスキルや能力も変わってきますし、なにより3年後に残る職歴の価値が違います。

バイト経験3年と正社員経験3年なら、正社員経験3年の方が間違いなく採用担当者からの評価が高いです。正社員登用を期待しながらずるずるとバイトを続けていても、無駄にバイト歴だけが長くなって20代の貴重な3年が失われてしまうんです。

ですから今の職場で正社員就職の見込みがないと判断したら、もうそこでのバイトは辞めて次の仕事を探しましょう。

次もまた正社員登用ありのバイトで働くのもいいんですが、それだとまた同じパターンになる危険性もありますよね。なので出来れば次は最初から正社員就職を目指す方がいいと思います。

年齢的にもどんどん後がなくなってきますから、正社員登用の可能性に賭ける余裕はなくなってきます。それならすこしでも若いうちに就職を目指す方が確実ではないでしょうか。20代のうちはまだまだフリーター就職のチャンスがありますから、今のうちに頑張りましょう。

フリーター就活なら、

といったフリーターにおすすめの就職支援サービスを利用するのが便利です。

未経験可の正社員求人を数多く扱っていて、20代のフリーターを積極的に採用してくれる企業の求人が見つかります。実際に多くのフリーターが就職を実現させています。

担当のコンサルタントが就活の相談にも乗ってくれますし、履歴書作成のアドバイスや面接対策も行ってくれます。無料で利用できるのでまずは登録だけでもしてみるといいでしょう。

今のバイト先でなかなか正社員にしてもらえないとお悩みの方は、これを機に就職支援サービスを利用して正社員就活をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

バイトしながらでも登録できますから、仕事を続けながら就活する事も出来ます。面接日の調整といったサポートも受けられるので、働きながらの就活もしやすいですよ。

トップページへ