20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

フリーターのままだと結婚できない?

結婚をきっかけに就職を決意するフリーターは多い

いつまでもフリーターのままではいられない、フリーターを卒業したいと考える理由には色々とあると思いますが、結婚をきっかけとする方も多いのではないでしょうか。

結婚したいから就職したいと考えるのは特に男性が多いですね。いくら共働きが当たり前・主夫が増えてきたとは言っても、やはり結婚するからには家族を養っていかなくちゃと考える男性が大多数ですからね。収入を増やすためには正社員就職するのが一番です。

それに親としては子供の結婚相手はしっかりと定職に就いていて安定している人が良いと考えるでしょう。そうなるとフリーターは結婚相手としてふさわしいとは言えません。

またフリーターだとそもそも結婚相手として考えてもらえないという事情もあります。やはり男性の方がそうした傾向が強いですが、女性でも「フリーター女は無理」という男性もいるため油断はできません。

このように、フリーターという立場のせいで結婚ができない・結婚が遠ざかってしまうから就職しようと決める方は多いと思います。

では、本当にフリーターのままでは結婚するのは無理なのでしょうか?

アルバイトのまま結婚すると困る事

何もアルバイト勤務の人は結婚できないという決まりがある訳ではないので、結婚する相手がいるのなら今のまま結婚しようと思えばできます。

しかし、バイトだと結婚する時や結婚した後の生活で困ることがたくさん出てきます。それがあるから大半の人は就職してから結婚しようと考えるのだと思います。

では具体的にどんな点が困るのか、フリーターが結婚すると困る事を挙げてみます。

【結婚するまでに困る事】

結婚相手が見つからない

現在お付き合いしている相手がいない場合、フリーターのまま結婚を前提に彼氏・彼女を見つけるのはとても大変だと思います。

婚活パーティーやお見合いでは年収・職業を見て判断されますから、フリーターだと非常に不利です。

単純に恋人を探すにしても20代後半にもなるとみんな結婚を意識してきますから、やはりフリーターだと相手にされない事も増えてくるでしょう。

相手の親に反対される

自分の子供がフリーターと結婚するとなれば反対する親は多いです。特に良い家柄の人ほど反対される可能性は高くなるでしょう。

結婚資金を貯められない

結婚式を挙げるならまとまったお金が必要です。そのため事前に貯蓄しておくべきですが、フリーターだとなかなかそこまで手が回らず貯金ゼロという人も結構いますね。

式を挙げないとしても親族との顔合わせをしたり、結婚指輪を買ったり、新婚旅行に行ったり、新居に引っ越したりと色々とお金はかかります。やはり貯蓄がない状態での結婚は厳しいです。

【結婚してから困る事】

収入が少ない

バイトは給料が安いしボーナスもありません。生活費、子供の学費、老後のための貯蓄など、結婚したらたくさんのお金が必要になりますから、月10万ちょっとのバイトの収入では到底暮らしていけません。

もし夫がフリーターだったら共働きは確定でしょう。

出世できない・給料が上がらない

正社員で働いている人達は勤続年数が長くなれば徐々に出世していき、その分給料も上がっていきます。しかしフリーターは出世などできず、収入はむしろ年齢と共に下がる可能性すらあります。

安定性がない

バイトは正社員と違っていつ解雇されるかわかりません。会社の都合で人員削減する場合、真っ先に切られるのはバイトです。

今のご時世正社員でもいつリストラされるか分からないという事は言えますが、それでもフリーターよりは確実に安定しています。

ローンが組めない

結婚すれば家を建てる時に住宅ローン、車を購入するのに自動車ローン、子供が進学する際に教育ローンなど、ローンを組む機会が増えます。しかしフリーターでは審査が通らず、ローンを組むことができません。

同様にクレジットカードも審査が通りにくいため、急な出費が必要になった時にも常に現金のみで対応しなくてはいけません。

世間体が悪い

結婚する前にも親や周りの友人達から結婚を反対されることがあったと思いますが、結婚した後もフリーターという立場は世間からの目が気になるものです。

女性フリーターの場合は「パート勤めしている主婦」となるので特に問題はないですが、男性の場合「既婚者なのにバイト」という目で見られます。

このように、フリーターが結婚することには様々な障害があるのです。

「愛があれば大丈夫!」と気にせず結婚しようとしたり、まだバイトなのに無計画に子供を作って出来ちゃった結婚をする人もいますが、それはあまりにも誠実さに欠けます。

いくら好き同士でも経済的な問題が原因で離婚する夫婦は山ほどいます。付き合うだけならフリーターでも構いませんが、結婚して家庭を築くからにはやはり経済力と安定性は必要なんです。

ですから特に男性フリーターは、結婚を考える彼女がいるなら結婚前に就職した方がいいですし、きっと彼女もそれを望んでいるはずです。

というより、結婚するために就職を決意するという事自体が結婚相手に対して誠意のある行動だと思います。逆にバイトのまま結婚しようとする男性は「ちゃんと将来のこと考えてるのかな」「私の事はどうでもいいのかな」と思われてしまってもしょうがないのではないでしょうか。

結婚は年齢的にもフリーター卒業の良いきっかけとなりますし、実際にそれを機に多くのフリーターが就職しています。結婚を意識し始めるのは23歳、24歳、25歳くらいから20代後半にかけてでしょう。その頃は就職するにも良い時期です。

30代になってしまうとフリーター就職は難しくなってきてしまうので、ぜひ20代のうちに就職を決めてしまいましょう。

トップページへ