20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

職歴がアルバイトしかない

フリーターの職歴について

フリーターの就活に対する悩みは色々とあると思いますが、職歴に対する悩みをお持ちの方は多いでしょう。

職歴は採用担当者は必ずチェックします。今までの職歴からどんな能力・スキルを持った人材なのかを予測できるので、即戦力を求められやすい中途採用では特に重視されるポイントとなっています。

履歴書の職歴欄には通常は正社員として働いた会社の事しか書きません。しかし、現在フリーターの方の中には今まで就職したことが無い、つまり職歴がアルバイトのみという方も少なくないのではないでしょうか。

一度でも就職経験のあるフリーターならともかく、バイト歴しかないフリーターの場合は履歴書や職務経歴書に書くことがなくて困ってしまいますよね。いつも書類選考で落とされるのは職歴のせいだ、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

職歴がバイトのみのフリーターは、どうやって就活を進めていけばいいのでしょうか。

バイト歴しかない人の履歴書の書き方

まず、もしバイト経験しかないからといって職歴欄を空白にしている方がいたらそれは止めましょう。履歴書に空欄が目立つと印象が良くありません。

職歴欄には通常正社員勤務履歴のみを記載するものですが、アルバイトの勤務経験を記載してはいけない訳ではありません。

正社員の職歴が多い人はわざわざバイト経験まで書かなくてもいいというだけで、正社員勤務歴がある人でも応募先の仕事に関係ある仕事ならバイト経験を書くケースだってあります。

ですから、バイト経験しかないのであればそのバイト経験を職歴欄に記載しましょう。バイト歴でもいいなら職歴欄が埋められるという方も多いのではないでしょうか。

ただしバイト勤務経験を職歴欄に記載する際は、アルバイト勤務だったことがしっかりと分かるようにしましょう。本当はバイトだったのに正社員だったかのような書き方をすれば経歴詐称になってしまいます。

「○○株式会社 入社(アルバイト)」
「○○株式会社にアルバイトとして入社」

といったようにバイトだったことがはっきり分かる書き方をすればOKです。

職務経歴書も同じで、バイト経験しかなければバイト経験を元に作成しましょう。アルバイト勤務でも学んだこと・身に付いたことはたくさんあると思いますから、バイト歴しかなくても作れるはずです。

バイトリーダーの経験や正社員と同じような仕事を任されたといった経験があれば積極的に記載しましょう。特に人をまとめる能力のある人・リーダーシップのある人は歓迎されますから、リーダー経験はバイトであっても評価してもらいやすいです。

他にも、

「お客様からお礼の手紙をもらったことがある」
「社内の○○コンテストで全国1位だった」

などのエピソードも良いアピールポイントになります。内容自体もそうですが、本気で仕事に取り組んでいたんだなという印象も与えられます。

ただ、エピソードだけではただの自慢話にもなりかねないし、「所詮バイトでの話でしょ」とあまり評価してくれない採用担当者もいます。

結局のところ採用担当者は凄いエピソードを聞きたいのではなく、その人がどんな風に仕事に取り組んできたか、その経験をどうこれからの仕事に活かせるのかを知りたいんです。

ですから具体的なエピソードを交えつつ、その経験を通して学んだ事を説明できるといいですね。あえて何かに失敗したエピソードを話して、それをどう乗り越えたかをアピールするのも効果的かもしれません。

未経験歓迎求人なら職歴不問な場合も多い

履歴書や職務経歴書を上手く書けるようになったとしても、やっぱりバイト経験しかない人は問答無用で不採用とする企業も少なくありません。

そうした企業はいくら頑張っても今の状況では採用される可能性は限りなく低いですから、正社員経験しかないフリーターが正社員求人に応募するなら、バイト経験しかなくても採用してくれそうな企業を選ぶことが重要になってきます。

あまり職歴を気にしないという企業は、未経験者歓迎という形で募集をかけていることが多いです。ですからこうした未経験歓迎求人を狙うのが職歴無しフリーターの就活のコツです。

未経験歓迎企業からの求人を見つけるには、

のような20代フリーター向けの就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

ハタラクティブもジェイックも20代のフリーターや第二新卒・既卒者を対象としたサービスです。こうしたサービスには20代未経験者の採用に積極的な企業からの求人が集まっています。

企業はどこも経験者ばかり求めているとは限らず、中には一からじっくり育てたいから経験が無くてもいい、という企業もあるんです。こうした会社は若い人材を求めていますから、20代フリーターには大きなチャンスとなります。

20代フリーター向け就職支援では手厚いサポートが受けられますから、就活に慣れていないというフリーターでも安心です。

無料で利用できるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

20代のうちに職歴無しフリーターを卒業しよう

正社員の職歴が無いと自信が持てなくて、就活に消極的になってしまったり、就職は無理なんだと諦めてフリーターを続けてしまうという気持ちも分かります。

しかし20代のうちなら職歴が無くてもまだまだ就職できるチャンスは残されています。

逆に30歳を過ぎると一気にそのチャンスは減ってしまいます。職歴なしフリーターのまま30代に突入してしまうと就職は難しくなってしまいますよ。

20代フリーターの方は今が踏ん張り時だと思って、ぜひとも頑張ってくださいね。

トップページへ