20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

安定を求めて正社員就職したい!

不安定なフリーターから抜け出したい

安定を求めるなら、やっぱり正社員就職ですよね。フリーターの立場は文字通り『自由』かもしれませんが、その分、保証がありません。

あなたも「もう明日から来なくてもいいよ」と言われた経験があるかもしれませんね。

しかし正社員なら、アルバイトのように簡単に解雇できません。たとえリストラされても、【会社都合の退職】となりますので、失業保険をすぐに貰えるなどメリットが多いです。

そもそもの賃金が違いますし、ボーナスや退職金が支給されるのも正社員の特徴ですよね。日本全国、全ての会社が賞与や退職金を支給しているわけではありませんが、

「フリーターとして働く限り、ボーナスをもらえる可能性が低い」
「長年同じ職場でバイトを続けても、退職金をもらえない」

ということです。

正社員の安定性が高い理由

私も様々な雇用形態で働きましたが、アルバイトと正社員だけでなく、契約社員や準社員でも、正社員の安定性には及びません。

その分、残業が多い会社もあれば、仕事内容が厳しい職場もあります。アルバイトなら簡単に休めても、「正社員はなかなか休めない」というケースもありますね。

それは戦力としての期待値が違うからです。

パートやアルバイトの仕事内容はマニュアル化されていたり、そこまで重要な業務をバイトに任せるケースは少ないでしょう。しかし正社員は企業の根幹を担っていますから、退職した場合、会社に与えるダメージが大きいのです。

要するに、『すぐに代わりがいない存在』ということですね。だからこそ安定性が高いと言えますし、それは立場的にも明らかです。

フリーターは各種ローンを組めないかもしれませんが、正社員は住宅ローンや車のローンに通りやすかったり、クレジットカードも簡単に作れることがあります。

そのように『客観的に立場を評価されているのが正社員』ですから、アルバイトでは得られない安心を得られますよ。

このまま30代になっても大丈夫?

あなたも今より若い頃は、『正社員なんて考えられない』と思っていたかもしれません。私も『サラリーマンだけは絶対にイヤだ、就職なんて興味がない』と考えていましたが、年齢と共に感覚が変わりましたね。

20代前半は夢を見ることが出来ても、後半になれば現実が見え始めます。「このまま、30代になっても、大丈夫だろうか…」という不安ですね。

バイト生活を長年続けても、大幅な時給アップは難しいでしょうし、仕事のやり甲斐も薄いのではないでしょうか。

しかし正社員は会社の看板を背負っている分、やり甲斐を感じやすく、昇給(収入アップ)の可能性も高いですよ。前述したようにボーナスを支給している企業もありますから、その分を貯金に回せるかもしれませんね。

夏冬2回、給与の3ヶ月分のボーナスを支給している会社もありますし、アルバイトよりも年収が増えれば、それだけで心の安定に繋がるでしょう。資本主義の日本で生きるには、お金って非常に大切ですからね。

正社員就職を考えるタイミング

また、独身のうちはフリーターで問題なくても、結婚を意識すればそうもいきません。特に男性は、『妻子を養うためにも社員になって安定したい』と考えるのではないでしょうか?

他にも、正社員とアルバイトの生涯賃金の差を知ったり(億の違いというデータもあります)、友達が正社員として充実していたり、そのようなタイミングで就職を考えるかもしれませんね。

いずれにしても「アルバイトよりも正社員の方が確実に安定している」と言えますので、ぜひ積極的に就活を行って下さい。

その際は、就職支援サービスの利用がおすすめですよ。20代フリーターが対象の紹介会社がありますので、気軽に無料登録されると良いでしょう。

当サイトでも人気の紹介サービスを掲載していますので、参考にしていただければと思います。

トップページへ