20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

結婚後も働きやすい職場選び

結婚した後も働き続けたい

女性の就職で重要なキーワードとなるのが「結婚」ですね。女性の働き方と結婚は大きく関係しています。

結婚を機に仕事を辞める女性は多いです。共働きはせず、専業主婦として家事や妊活、子育てに専念することを選択する女性がたくさんいるからですね。

また結婚後はそのまま仕事を続けても、子供が出来た段階で退職する女性も多いです。働けるギリギリまで頑張る人もいれば大事をとって妊娠初期で退職する人もいます。

しかしその一方、結婚・出産後も仕事を続ける選択をする女性もどんどん増えています。女性の社会進出が進み、結婚後も働きやすい環境が整ってきている事、女性でも重要なポジションを任されることが増えてきた事などが仕事を続ける女性が増えた要因になっていると思います。

それに働く女性に対しての世間の考えも変わってきていますよね。一昔前は女性は家庭で家事や育児に専念するものという考え方が強かったですが、今や既婚女性が外に働きに出ることは普通の事になり、現在は共働き家庭の方が多数派となっています。

ですから今独身の女性フリーターの方でも、「結婚した後も働き続けるつもり」とお考えになっている方は多いと思います。

ライフスタイルに合った働き方をしたい

結婚後も働き続けるのが普通になったとはいえ、みんながみんな独身時代と全く変わらない働き方をするという訳ではありません。

やはり結婚後はライフスタイルが大きく変わります。夫と家事を分担する家庭も多いとは思いますが、

といった理由で結婚後は仕事量をセーブしたいと考える女性は多いと思います。

特に、子供が生まれたら生活は一変します。両親と同居していたりベビーシッターにお願いするつもりならともかく、自分で赤ちゃんの世話をしながらフルタイムで働くのは実質不可能に近いです。

ですから結婚後も働き続けている女性は、こうしたライフスタイルの変化に応じて働き方も柔軟に変化させているケースが多いんです。

例えば独身時代は正社員でバリバリ働いていた方が結婚してからは残業無しで働いたり、パートに切り替えて時短勤務をするといったような具合ですね。

結婚してから残業無しの職場やパートの仕事に転職してもいいのですが、せっかくなら同じ職場で働き続けた方が何かといいですよね。

ですから女性フリーターの就職先選びでは、ライフスタイルに合わせて働き方を柔軟に変化できるような職場を選ぶのがオススメです。

結婚後に働くつもりはない

結婚後も働き続ける女性が増えていると言いましたが、女性フリーターの方の中には

とお考えになっている方もいらっしゃると思います。もしそうなら、今からわざわざ結婚後も働きやすい職場を選ぶ必要はないですよね。

しかし、今は結婚後に働くつもりがなくても、もしかすると将来働かざるを得ない状況になっている可能性もあるのではないでしょうか。

例えば旦那さんがリストラされて無職になったり給料の低い仕事に転職した場合、妻であるあなたもお金を稼がなくてはいけません。

また不慮の事故や病気で旦那さんに先立たれてしまう可能性もあります。一人で子供を養っていくためにはパートの給料では足りないでしょう。

そして残念ながら離婚してしまう事も十分に考えられますよね。今は離婚する夫婦が非常に多いですから、シングルマザーも決して珍しくはありません。

こういったように、結婚した後であっても様々な理由から夫の収入をあてに出来ない状況に置かれてしまうことは十分にあり得るんです。

そうなった時に急いで就活を始めたとしても、ブランクがあるとすぐに就職先を見つけるのは難しいんですよね。さらに子供がいるならもっと難しくなります。

そういった事態になる事を考えると、今から結婚後も働きやすい職場を選んで就職した方が安心ではないでしょうか。

また、自分は生涯独身で生きていくつもりだから結婚後の働き方については関係ないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし将来何が起こるかは誰にも予想できませんから、もしかしたら運命的な出会いがあって電撃結婚するかもしれないし、思いがけず子供を授かってできちゃった婚する可能性もありますよね。

そうした事を考えて、やはり就職先を選ぶ際には結婚後も働きやすいかどうかというのは少しは意識した方がいいと思います。

結婚・出産後も働きやすい職場の特徴

女性が結婚後に働きやすい職場を選ぶのなら、

といった点をチェックしましょう。

女性の働き方に理解のある職場なら、ライフステージに合わせた働き方に対応してもらう事が出来ます。

パートへの切り替えや時短勤務もそうですが、例えば妊娠中は体への負担が少ない業務にしてくれたり、結婚のタイミングで残業の少ない部署へ異動させてくれたりという対応を行ってくれる職場もあります。

そして女性の働き方に理解のある職場を選ぶ際、育児中の女性がたくさん活躍している職場というのは一つの基準になります。

結婚・出産した女性が多く在籍している職場というのは、それだけ結婚後も働きやすい職場であることの証になります。もし働きにくい職場なら退職したり転職しますからね。

また産休や育休の取得実績があるかどうかも女性が働きやすい職場の大きな判断基準になります。育児休暇の制度があっても実際には誰も取得できていない、取れる雰囲気じゃないという職場は数多くあります。

仕組みだけあっても実際に使えないのなら意味がありませんよね。そこを判断するのが取得実績になります。

結婚後に働きやすい職場を見つけるには

結婚後に働きやすい職場の特徴は分かっても、実際にそうした会社を見つけるのは簡単ではありません。なぜなら求人票にはそこまで詳しい事情は記載されていないからです。

応募したい会社に知人が働いているのなら内部事情を聞いて探ることもできますが、そう都合良く知り合いが働いていることはそうそうありませんよね。

求人票だけでは分からない職場の詳しい情報を得た上で就職先探しをしたいのであれば、就職支援サービスを利用するのがオススメです。

就職支援サービスでは扱う求人についての詳しい情報を持っています。実際に足を運んだ会社の求人だけ扱っているという所もあります。

ですから「結婚後も働きやすい職場を選びたい」と伝えたら、残業の多さや業務内容、社風などから女性が働きやすい職場を紹介してもらえるはずです。

またコンサルタントを通じて疑問点を会社に問い合わせることができるので、既婚女性の割合や産休の取得率などを代わりに質問してもらって、その情報を元に判断する事もできます。

自分で求人サイトから仕事探しをしたのではこうした詳しい情報まで入手することはできないので、就職支援サービスを活用して自分の希望に合う職場を探してもらいましょう。

は20代フリーターにおすすめの就職支援サービスです。フリーター・既卒・第二新卒を対象としているので、未経験OKの求人が多いことが特徴です。

女性が働きやすい職場を多く扱っているサービスということであれば、

ジェイック

女子カレッジという女性専用のコースもオススメです。

20代は未経験でも歓迎してくれる会社がたくさんあるので、フリーター就職に有利です。30代になってしまうとフリーターからの就職自体が難しくなってくるので、その中でさらに結婚後も働きやすい職場を探すのはとても大変です。

ですから未経験フリーターからでもまだ就職しやすい20代のうちに、結婚後も働きやすい職場を探してみてくださいね。

トップページへ