20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

正社員経験が無いまま結婚したら困ること

一度も就職した事がないまま永久就職…

フリーター女性の中には「就活はせずにこのまま結婚して専業主婦になろう」と目論んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしくは意図せずにそうなってしまうケースもあるでしょう。

今は女性が就職するのが当たり前の時代ですし、女性でもフリーターだと結婚が難しくなってきているという現実はあります。

ただ、それでもまだまだ男性に比べたら世間の目は甘いですし、すでにパートナーがいる場合は相手さえ良いと言ってくれれば無理に就職しなくても今のままで結婚できますよね。

ですから結局バイト経験しかないまま、つまり一度も就職したことがないまま結婚して家庭に入るという女性も一定数います。しかし、就職経験が無いまま結婚すると後々困ったことになるかもしれないんです。

そこで、一度も正社員就職しないまま結婚した場合に後々困ること・デメリットを挙げてみます。

就職経験がないまま結婚することのリスク

再就職が難しい

一度も正社員就職したことがないという事は、要するに職歴無しです。職歴無しで就職するのは20代の若いうちでも難しいですから、これが30代、40代となるとかなり厳しいです。

結婚して主婦になったらもう就職なんてしないから関係ない、と思われるかもしれませんが、結婚した後でも正社員として働きたくなる事って意外とあるんです。

例えば旦那さんが急にリストラされて無職になってしまったり、病気で働けない体になってしまうことも考えられますよね。また将来離婚したり夫に先立たれ未亡人になってしまった場合、子供を育てるためにしっかり稼がなくてはいけなくなります。

ちょっと家計の足しにしたいとか自分のお小遣いを稼ぎたいのであればパートでもいいのですが、このように一家の大黒柱として稼がなくてはいけなくなった場合はやはり正社員で働く方がいいですよね。

しかし職歴無しだと就職が非常に困難になってしまいます。逆に言えば、独身時代にしっかりキャリアを築いてきたのなら再就職もしやすくなるんです。

つまり就職経験が無いと、こうしたいざと言う時に困るんですね。

離婚できない

結婚している間は夫婦で生計を共にしていますから、自身に経済力が無くても夫が稼いでくれれば何の問題もありませんが、離婚した場合は夫の稼ぎがなくなりますから自分自身が働いて生活費を稼がなくてはなりません。

しかし先ほども言った通り、職歴なしでは正社員就職が難しいです。自分一人だけならパートだけでも生きていけますが、子供を養っていくにはパートの給料はあまりにも少なすぎます。

つまり自身に経済力がないと離婚してもやっていけないため、就職経験が無い人ほど離婚したくなっても出来ない状況に陥りやすくなってしまうんです。

実際、こうした経済力の無さが理由で離婚を思いとどまっている女性は多いです。自分が就職しなかったせいで離婚という選択肢を選べなくなってしまうのは悔しいですよね。

社会人経験を積めない

アルバイトも立派な仕事ではありますが、それでもやはり正社員とは立場が違いますし、仕事を通じて得られる経験が違います。学生時代にバイト経験があっても、就職してみたら正社員とバイトは全然違うと実感する人も多いです。

正社員のように責任のある仕事を任されたり、仕事で失敗して上司に怒られたり、後輩のミスをフォローしたり、理不尽な事で客に怒られても頭を下げたりと、こうした経験はとても貴重なものとなります。

社会経験を積む事で世の中のことが見えたり、視野が広くなります。逆にバイト経験しかないと、視野が狭くなったり、時として「社会常識がない人」と思われてしまう事もあるかもしれません。

一度も就職しないまま結婚してしまうと、こうした貴重で大切な社会経験を積めないままになってしまいます。社会経験が無いまま結婚した女性の中にはこれがコンプレックスになっている方もいます。

夫の気持ちに共感できない

過去に正社員として働いたことがあるのなら、働いてお金を稼ぐということがどれだけ大変かという事が身に染みて分かっているでしょう。ですから旦那さんが休みの日に昼まで寝ていたりゴロゴロしていても「毎日遅くまで頑張ってくれているし…」と少しは大目に見てあげられると思います。

しかし自身に正社員勤務経験が無いと正社員として働く大変さを知らないので、夫の苦労がよく分かりません。なので「私なんて休み無しで毎日家事に育児に大変なんだから!休みの日くらい家族サービスしてよ!」と不満ばかり出てきます。

お互い大変なのは間違いないのですが、相手の大変さをきちんと理解できないと本当の意味で共感できないので、つい「自分ばかり苦労している」と思ってしまうんですよね。

このように正社員で働くことへの理解度が足りないと、頑張って働いている夫への感謝の気持ちが芽生えず、余計ないざこざが増えてしまうかもしれません。

正社員経験は大切な財産になる

このように、独身時代に就職しなかったことによる弊害って結構あるんです。深く考えずにフリーター経験しかないまま結婚してしまって、後から後悔する女性は少なくないんです。

結婚した後にどう働くか、もしくは専業主婦として家事や育児に専念するかどうかということは、パートナーと話し合って決めることです。しかし、結婚する前に就職するかフリーターのままでいるかはあなた自身が決めることです。

もし結婚を考えている男性が「将来は俺が養うからフリーターのままでいいよ」と言ってくれたとしても、将来想定外のことが起きて養ってもらえなくなった時に困るのは自分です。できちゃった婚で妊娠と同時に結婚が決まったなどの特別な理由でもない限り、出来るなら独身のうちに一度は正社員就職をしておくことをオススメします。

フリーターのままでも結婚出来て結婚後は働かないつもりなら、今就職のためにわざわざ就活をする労力が無駄に思えるかもしれません。しかし、20代のうちに正社員として働いた経験はあなたの大切な財産になりますよ。

職歴無しから就職するには

フリーターから就職するのは新卒での就職より苦労するかもしれませんが、まだ20代のうちは大丈夫です。20代なら職歴無しでも採用してくれる未経験OKの企業はたくさんあります。

そうした未経験歓迎の企業からの求人を探すなら、20代フリーター向けの就職支援サービスを活用しましょう。20代フリーターにおすすめの就職支援サービスには

などがありますから、まずはこちらをチェックしてみてください。

求人紹介だけでなく履歴書の添削や面接対策、就職相談などのサポートも受けられますから、ぜひ活用してみてください。無料で利用できますよ。

トップページへ