20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

20代後半も十分就職可能、若いから採用されるとは限らない

20代前半より20代後半の方が歓迎される場合もある

20代後半でも十分就職は可能です。若いから採用されるとは限りませんからね。全くの無職でバイト経験がなく、資格もなければ厳しいかもしれませんが、あなたのようにバイト経験があれば正社員を狙えます。

その理由として、採用活動を行っている企業の中には、『20代の若い人材を雇用したい』と考えている所があるのです。さらに企業によっては、「20代前半よりも後半の方が良い」と希望するケースがあります。

私も元採用担当ですが、会社の雰囲気や社風、スタッフの年齢層によっては、20代後半の方が歓迎されるんですよね。

たとえば、経営者も含めて平均年齢が20代前半の会社なら、同じく20代前半を雇用しやすいでしょう。スマートフォン業界(アプリ開発など)は、社長もスタッフも20代の会社が多いようです。そのような会社なら、積極的に20代前半を採用するのではないでしょうか。

しかし経営幹部と正社員の平均年齢が30代、40代、50代の会社をイメージして下さい。平均年齢が20代前半の会社とはノリが違いますし、雰囲気も落ち着いていると思われます。

20代後半は人生のバランスを取りやすい

新卒採用を行っていれば別ですが、中途採用のみの会社で平均年齢が高ければ、20代前半の採用には勇気が要るんですよね。

単純にジェネレーションギャップを感じる機会が多くなりますし、

「どうしても話しが合わない」
「指導の仕方が分からない」

という悩みが発生しやすいのです。

それに20代前半って、まだまだ学生気分が抜けていなかったり、仕事への考え方も甘いのではないでしょうか。(もちろんしっかりした若者もいます)

私自身の若い頃を振り返っても、20代前半は考え方が子供でしたし、世間知らずでバランスが悪かったです。しかし20代後半になれば、ある程度人生経験を重ねた分、現実が見え始めるんですよね。

正社員として働く意義、仕事への姿勢をはじめ、バランスを取りやすいと思います。

アルバイト生活が長ければ、フリーターのデメリットを理解しているでしょうし、「正社員の安定性、信頼性、将来性が欲しい」と心から希望しているかもしれません。

その気持ちが履歴書に反映されますし、面接でも自己PRしやすくなりますよ。最終的には、本気で社員になりたいかどうか? が大切ですからね。

20代後半で就職活動を行うポイント

そうは言っても、20代後半で就職活動を行うには、押さえるべきポイントがあります。

1.サポートを受けながら就活する
2.20代フリーター向けの正社員求人の紹介を受ける

上記に該当する就職支援サービスを利用することで、正社員が一気に近付くでしょう。

今までに社員の経験があっても、それが短期間だったり、退職後から長年フリーターを続けていれば、サポートを受けながら就活する方が良いですね。

「若いからと言って採用されるとは限らない」と繰り返しお伝えしましたが、それでも20代のうちに就活する方が有利です。30歳を過ぎると未経験からの就職が厳しくなりますし、民間の就職支援の対象年齢から外れることがありますので。

26歳、27歳ならまだ余裕がありますが、28歳、29歳を超えている場合は、今日からすぐに就職支援サービス(人材紹介会社)に無料登録して就活を行うと良いでしょう。

「時は金なり」と言いますが、時間をお金で買うことは出来ません。実際は「時は人生そのもの」ですし、それを肌感覚で実感しては遅いんですよね。

ぜひ積極的に就職活動を行って下さい。

トップページへ