20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

バイトを辞めたいと言い出せない

就活のためにバイトを辞めたいのに…

フリーターから就職を目指している方で、今のバイト先を辞めたいのに辞めると言い出せなくて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

就活はアルバイトを続けながらでもやろうと思えばできますが、バイトの仕事内容や勤務時間帯によっては、

など、無職で就活する時に比べて色々と制限が出てきます。

就活はタイミングも重要になるので、フットワークが軽い方が有利です。特に急募の場合、時には能力が高い人よりもすぐに勤務開始できる人の方を優先することだってあります。

ですから少しのチャンスも逃さないためには、やはり仕事をせずにフットワークの軽い状態にしておいた方が本当はいいんですよね。

ですから金銭的な問題や就活が長引いた際の心配はありますが、バイトを辞めて短期集中で就活に専念する方も多いです。

しかし、いざバイト先を退職しようと思ったらなかなか言い出せない…という方も少なくないと思います。

バイト先の都合が理由なら迷わず辞めるべき

バイト先を辞められない理由としては、

などが考えられると思います。

このうち、人手不足や忙しさを理由に引き止めに合っている、また引き止められなくても自分自身がその大変な状況を知っているからこそ申し訳なくて辞められないという場合は、迷わずに退職すべきです。

バイト先から引き止められて退職できない

の記事でも言っていますが、就活のための退職なら躊躇してはいけません。

辞めた後特にすることもないのであれば温情で働き続けるのも構いませんが、就職のために辞めたいのだとしたら、会社の事情と自分の将来どちらが大切かをしっかりと見極めなくてはいけません。

ですから会社に気を使って辞めることを躊躇しているのであれば、心苦しいかもしれませんが思い切って伝えましょう。それに言うなら早い方が新しい人を探す余裕ができるので会社としても助かりますよ。

辞めたいのに言えないのはどうしたらいい?

問題はそういった事情がある訳でもなく、単純に「辞めます」の一言が言えないだけの場合です。

など、いざバイトを辞めようと思ったら色々な考えがよぎると思います。

「もう辞めたいし、就活のために辞めないといけないのに、なかなか言えない…」
「今日こそ言おうと思ったのにまた言い出せなかった…」

と日々悶々としながらバイトに通っている方も多いのではないでしょうか。

確かに色々と考えてしまうとバイトを辞めると言い出せない気持ちは分かります。しかし、そうやってずるずるとバイトを続けていても、歳を取るだけで何の問題解決にもなりません。

まずはどうして言い出せないのかを探り、それからどうやったら言い出せるようになるのかを考えてみましょう。

人間関係が原因の場合

辞めたら同僚にしわ寄せがいくんじゃないか、みんな良い人達だから迷惑を掛けたくないなど、バイト先の人達への配慮の気持ちから言い出せないという方は多いでしょう。

嫌な職場ならそんな事考えずにさっさと辞められると思うので、こうした事で悩むという事はそれだけ良い仲間に恵まれたという事なのだと思います。

それであれば、もしあなたが就職の為に辞めるという決断をしたとしたとしてもみんな応援してくれるのではないでしょうか。

若いのにいつまでもフリーターのままじゃ良くないという事はみんな分かっているので、就職のために辞めると告げたら「その方があなたのためだね」と言ってくれるはずです。

それに仲が良かったならバイトを辞めた後も関係は続きます。今はSNSやラインでいくらでも連絡が取り合える時代ですから、バイトを辞めても二度と会えない訳ではないですよね。

最初は寂しい気持ちもあるかもしれませんが、次のステージに進むためにも勇気を出して決断しましょう。

非難されそうで怖い場合

怖い店長だったりぴりぴりした職場だと、辞めるなんて言ったら怒られるんじゃないかな…と不安に思って言い出せないこともあると思います。

「辞められたら困るんだよ!」と強めに言われたり、まわりの同僚からも文句を言われそうで怖いという事もあるかもしれません。

しかしバイト先の人達なんて辞めてしまえばもう関係ありません。辞めた後はもう顔を合わすこともありませんから、怒られようが嫌われようが別にいいや、と思えませんか?

先ほどは辞めた後も関係が続くと言いましたが、それはお互いに関係を続けようと思った場合だけです。わざわざ連絡を取ったりしなければその人達とはもうそれっきりです。

ですからバイト仲間への配慮ではなく非難されるのが怖いから言い出せないのであれば、もう開き直ってさっさと言ってしまいましょう。

言う前はハラハラしていても、言ってしまえば意外とすんなり辞めさせてくれることもあります。気持ちもスッキリしますし、「なんだもっと早く辞めれば良かった」と思うかもしれませんよ。

もちろん急に辞めたりするのは迷惑ですから、きちんと順を追って退職するのは社会人として当然です。新しいスタッフを雇ったり引き継ぎの期間を考えても、最低でも1ヶ月前には言うのが好ましいですね。

勇気がなくて言い出せない場合

どうしても辞めるって伝えるのが怖い、言う時の気まずさに耐えられないという性格の方もいらっしゃると思います。

何でも尻込みせずにズバズバ言えるタイプならこういう事で悩まないのでしょうが、気の弱い方や自分の気持ちを上手く伝えられない方はどうしても尻込みしてしまいますよね。

こうしたタイプの方は、いつ言おう、いつ言おうと思っていてもなかなかそのタイミングは訪れません。ですから絶対に言わなければいけない状況に強制的に追い込むのがいいと思います。

一番良いのは先に就職先を決めることです。就活のためにバイトを辞めたいという方にとっては順序が逆になってしまいますが、どうしても言い出せないのであればもうバイトしながら就活を始めてしまった方が手っ取り早いかもしれません。

就職が決まってしまえばもう辞めるしかありませんから、言いづらいなんて言っていられません。追い込まれれば「就職が決まったので○○日までに辞めます」と言えるようになると思います。

就職じゃなくても就職訓練とか、どこかに入学したり何かに申し込んだりしてバイトを辞めざるを得ない状況にしてしまえば何とか言い出せるのではないでしょうか。

とはいえ、今回のように言いづらい事を言わなければいけないシーンは社会人になればこれからいくらでも出てきます。

もし言い出せなくて無断で辞めるなんてことをして逃げてしまったとしたら、今後同じような問題に直面した時にも逃げることばかり考えてしまい、自分の力で解決できなくなってしまいます。

ですからこれから就活をする身であればなおさら、あえて困難に立ち向かうくらいの気持ちで頑張って克服した方が自分のためになると思いますよ。

20代のうちに早く就活を始めよう

バイトを辞められなくてその分就活を始めるのが遅くなってしまっているのだとしたら、それはすごくもったいないです。

フリーター就職をするなら早い方が有利ですから、大切な20代をバイトで潰してしまうのは大きな就職のチャンスをみすみす逃しているのと同じです。

どうせいつかは辞めなくてはいけないバイトですから、言うなら早く言ってしまいましょう。荒波を立てずに円満退社を目指すのも大切なことですが、どうしても辞められないのであれば時には勢いも必要ですよ。

晴れてバイトを辞めることが出来たら後は全力で就活に取り組みましょう。無職期間が長くなると職歴も生活もまずいことになりますので、就活は短期集中で取り組むのがいいです。

といった就職支援サービスを利用すれば自力で就活するよりも格段に効率が良くなりますから、ぜひ利用してみてください。

アドバイザーから手厚いサポートも受けられますし、分からないことがあれば相談することもできます。一人で就活を続けるよりモチベーションも維持できますよ。

無料で利用できるので、気になる方はまず相談に行ってみてはいかがでしょうか。ちなみにバイトを辞める前でも登録できます。

ハタラクティブは東京近郊、就職Shopは首都圏・関西、そしてDYM就職は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と幅広いエリアをカバーしています。

トップページへ