20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

現状に焦りを感じているフリーターの方へ

フリーターをしている目的は?

フリーターは、大きく分けると

1.目的があってあえてアルバイト生活をしている人
2.本当は正社員になりたいのになれないからしょうがなくバイトをしている人

の2つのタイプに分けられると思います。

役者やプロのミュージシャンなどを目指して活動中で、生活費を稼ぐためにバイトをしている人は1のタイプですね。プライベートを優先したくて、普段はバイトでお金を稼いで数ヶ月間海外に行ったりする生活をする人も1のタイプでしょう。

他にもアシスタントとして下積みを積んで正社員を目指している人、どうしてもやりたかった仕事がバイトしかなかったという人、また正社員の責任を負いたくないから気軽なバイト勤務を選んだという人も1のタイプですね。

こうした人達は今すぐ正社員になりたいとは考えておらず、きちんとした理由があってバイトをしているため、現状への焦りというのはあまりないと思います。(焦り始めた人は正社員を目指すでしょうから、その時点で1のタイプではなくなりますね)

しかし、2のタイプは本来正社員になりたかったのでアルバイトという今の状況には満足しておらず、「このままじゃいけない、早く就職しなくちゃ」という焦りがあるはずです。

就職せずにアルバイトを長く続けるという事には、いくつものデメリットがあります。2のタイプの人は、そうしたデメリット面を理解しているからこそ現状に焦りを感じているのではないでしょうか。

フリーター生活が長引くことのデメリット

フリーター生活には時間に融通が利く、仕事を辞めやすい、掛け持ちしやすいなどのメリットもあります。1のタイプの人達はそうしたフリーターのメリットに魅力を感じて今の生活を選んだのだと思います。

しかし就職しないでバイトばかりしている事にはデメリットもあります。

職歴に傷が付く

やはりバイト歴が長引くとその分の正社員歴がないという事なので、次に就職する際に不利になります。正社員としてずっと働いていた人と、同じ期間バイトしかしてこなかった人とでは、採用担当者はどちらを採用したいと思うでしょうか。

正社員就職では職歴が重要になってくるので、その職歴がバイトばかりとなってしまうのはかなりのハンデとなってしまいます。フリーター就職が難しいと言われるのはこの職歴の問題があるからです。

責任のある仕事を経験できない

正社員とアルバイトでは仕事に対する姿勢が違ってくると思います。正社員とバイトの両方を経験したことのある方なら分かると思いますが、やはり責任感が違うんですよね。

バイトも任された仕事は一生懸命こなしますが、最終的に重要な仕事は正社員が担当するということがほとんどなので、バイトだといつまでも責任のある仕事を経験出来ません。それにバイトで働く人全員がそうではありませんが、「バイトだからいいや」という甘えが出てきてしまうのも確かです。

会社としてもそのあたりの事は分かっているので、バイト歴が長い人やバイト経験しかない人に対しては「バイト感覚で働かれては困る」と警戒してしまうことが多いです。

まともな社会人生活が送れるのか疑われる

フリーター生活を送る人の中には、夜勤シフトばかり入れて昼夜逆転の生活を送っている人もいます。また不定期に働いてはバカンスを楽しむ生活を送っている人もいるでしょう。

正社員の仕事の多くは毎日朝9時に出社することになるので、フリーターだときちんとこの生活リズムに合わせられるのか、寝坊するんじゃないかという疑惑をもたれてしまう事があります。

また社会人としての最低限のマナー(電話応対や名刺交換など)が身に付いていないんじゃないかとも思われてしまいます。実際は正社員経験があっても職種によっては経験してこなかった人もいますしフリーターでも経験ありの人もいると思いますが、フリーターにはそうした偏見が強いという事です。

仕事ができない、能力が低いと思われる

ずっとバイトしかしていない人に対して、採用担当者は「どうしてバイトしかしてこなかったんだろう」という疑問を抱きます。そして中には「能力が低いから正社員になれなかったんじゃないか」と考える担当者もいるかもしれません。

正社員は仕事が出来る、バイトは仕事ができないというのは決めつけですが、そう考える人もいるという事です。それに実際正社員として3年働くのとバイトで3年働くのでは身に付くスキル・能力も違いますから、結果的にはあながち間違いとも言い切れないかもしれません。

バイト生活が長引くとこうしたデメリットもあるので、これから就職するという時に苦労します。ですから理由もなくバイトを続けているなら早く就職した方がいいし、目的のためにあえてフリーターをしている人も将来就職するつもりならやはり早くフリーターを卒業した方がいいです。

フリーターで困る事は他にもたくさんある

先ほどのデメリットは就職する際のデメリットですが、フリーターには私生活においてもデメリットが多く存在します。

お金が無い

バイトは正社員より給料が低くボーナスもないですから、当然ですが正社員より収入は少なくなります。

若いうちはバイト掛け持ちである程度の額は稼げますが、年々体力的に厳しくなりますし、30歳を過ぎた頃にはバイト先すら見つからなくなってきます。

フリーターにはその日暮らしをしている人も多いので、貯金0ということも少なくないと思います。

結婚できない

フリーターという肩書きは、相手の両親からの評判がすこぶる悪いです。特に男性の場合は彼女の親から猛反対されるケースも少なくないでしょう。

親から反対されるだけでなく、自分自身としてもフリーターのまま結婚するのは不安に感じると思います。結婚資金、子供の養育費、老後の蓄えなど、結婚後はたくさんのお金が必要になります。バイトだけで家族を養っていくには限界があるでしょう。

同世代の友人と比べて引け目を感じる

20代後半にもなってくると、周りにもフリーターはどんどんいなくなってきているはずです。同世代の友人達は正社員としてきちんと働いていて、中には昇格している人もいるでしょう。

一方で自分はフリーターのままで、お金もなく、結婚もできず…。生活水準にも違いが出てきて、飲みに行く店も周りのみんなはそれなりに良い店に行っているのに、自分はいつも安いチェーン店ばかり…。

そんな自分に引け目を感じてしまい、だんだん友人達の集まりに顔を出さなくなったり同窓会にも参加しなくなったりして、周りの人達と疎遠になっていっているフリーターの方は結構多いと思います。

クレジットカードが作れない

今は主婦や学生でも作れるカードが増えていますから、フリーターはクレジットカードが作れないというのは言い過ぎで、実際はフリーターでも作れるクレジットカードはあります。ただしその数は限られます。

クレジットカードの発行には収入の他に社会的信用度も関わってきます。ですからいくら年間数千万の稼ぎがあったとしても、フリーターというだけで審査が通らないことも少なくありません。ましてやゴールドカードの発行となるとさらに難しくなるでしょう。(一部ではフリーターでも作れるゴールドカードもあるようですが)

このように、フリーターを続けていると、正社員就職に関してだけでなく私生活にも支障が出てきてしまいます。フリーターを早く抜け出したいとお考えの方は、こうした私生活に関する事をきっかけに強い焦りを感じる事が多いかもしれませんね。

20代フリーター就職におすすめのサービス

フリーター就職は若い程有利・歳を取るほど不利になってきますから、年齢を重ねるごとに焦りも強くなってくると思います。

20代後半ともなってくるとなかなか厳しくなってきますが、「もう27歳だし…」と考えている方は28歳よりマシ、29歳の方は30歳よりマシと考えて、少しでも早くから行動に移すことが大切です。

特に29歳と30歳の違いは大きく、30代になると一気に状況は変わってしまいます。ですから現在フリーターの方は、何とか20代のうちに就職することを目標に頑張って下さい。

20代フリーターの就職には、

といった20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスがオススメです。

こうしたサービスを利用すれば手厚いサポートを受けながら就活を行えます。正社員就活に慣れていない、もしくは初めてという方にもオススメですよ。

扱う企業も未経験OKという企業ばかりを集めていますから、就職成功率も高くなっています。今まで不採用続きだった方はぜひこうしたフリーター向けの就職支援で職探しをしてみてはいかがでしょうか。

職場選びに失敗しないために

フリーターに焦りを感じていると、つい「どこでもいいから就職しよう」という気持ちになってしまい、企業選びを妥協しすぎてしまうことがあります。

しかしそうなってくるとブラック企業に当たってしまう確率も上がります。ブラック企業で長く勤めるのは無理がありますから、結果的にせっかく就職できたのに数ヶ月で退職してしまうハメに…。

これでは職歴に傷がついただけで終わってしまいます。それどころか「また一から就活のやり直しか…」と気持ち的にもかなり辛くなり、モチベーションが上がらずフリーターに逆戻りなんて最悪の結果になってしまう可能性すらあります。

先ほどご紹介したハタラクティブやジェイックのような就職支援サービスでは扱う企業も厳選していますから、ブラック企業に当たる確率はかなり低くなります。

ですから「職場選びで失敗しない」という目的のために利用するのもいいかもしれませんね。

本気で就職したい方には大変おすすめのサービスですから、フリーター就職を真剣に考えている方はぜひ検討してみていただきたいと思います。

トップページへ