20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

大学中退フリーターの就職

大学中退フリーターから就職するには

大学中退後、すぐに就職活をせずにフリーターになったという方も多いと思います。

やりたい仕事が特になかったので、とりあえずフリーターになった

という方もいると思いますし、

就職活動をしたものの、不採用が続いたので一度就活を辞めてフリーターとして生計を立てている

という方もいるでしょう。

ニートになる方もいるかもしれません。

大学中退者が就職活動で大変になる理由は、情報量の少なさもありますよね。

新卒向け就職セミナー、就職イベント・合同企業説明会、といった機会があまりありません。

また大学中退ということから、高卒既卒のフリーターよりも不利になる事もあります。

大学中退フリーター、正社員の仕事探しの方法

大学中退したフリーターが就職するには、正社員の仕事探しには次の方法が利用できます。

・ハローワーク
・求人サイト
・紹介予定派遣
・正社員登用ありアルバイト
・フリーター向け就職エージェント

この中で就職成功率を考えれば、フリーター向け就職エージェントの活用が良いでしょう。

就職エージェントがそれぞれ持つ独自の基準でブラック企業を除外して求人紹介をしてもらうことが出来ます。

ブラック企業に就職してしまうと、早期退職のおそれが強くなります。

就職してすぐに退職、またフリーター、となると次の就活がさらに難しくなってしまいますからね。
それこそ、就職できない状況になりかねません。

フリーターから正社員になる際、長く安心して働ける会社を見つけることも大切です。
そうした意味からも、就職先の詳しい情報を得ることが出来る就職エージェントの活用がオススメといえます。

大学中退者がフリーターになるまで

大学へ進学したものの、途中で中退してしまった方もいらっしゃるでしょう。

大学を中退する理由は、

など人によって様々だと思います。

中退後はまず就職を考える方が多いと思いますが、なかなかすぐに就職とはいかないかもしれません。

大学中退となると新卒枠ではなくなるため、中途採用で頑張るしかありません。しかし新卒に比べて中途採用は職歴も関係してくるのでハードルが上がってしまうんですよね。

そのためとりあえずバイトで働こう、ということでフリーターになる方が多いですね。在学中に働いていたバイト先でそのまま働き続ける方も多いと思います。

大学中退は高卒扱い

そんな大学中退フリーターの就職はどのように進めていけばいいのでしょうか。

大学中退した場合、最終学歴は高卒になります。そのため高卒の人と同じような方法で就活を進めましょう。

大卒に比べて高卒が不利だと感じることと言えば、やはり応募条件で学歴の条件がある場合です。実際に正社員求人を探してみると分かりますが、応募条件が「大卒以上」「短大・専門卒以上」という会社は多いんですよね。

こうした求人だと大学中退者は当てはまらず、応募することができません。こうした時に大学中退者の就活の厳しさを実感するかもしれません。

しかし、数ある求人の中には高卒(大学中退)でも応募できる求人もたくさんあります。大卒向けの求人ばかり見て落ち込むのではなく、中退者でも応募できる求人情報をいかに多く集めてその中から優良企業を探し当てることが大切です。

大学中退者には未経験歓迎求人がおすすめ

そうした大学中退者向けの求人情報を集めるには、就職支援サービスの力を借りましょう。就職支援にも色々ありますが、大学中退の方におすすめなのはフリーター向けの就職支援サービスです。

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けのサービスです。こうしたフリーター向けの就職支援は未経験者向けの求人が多いのが特徴です。

通常中途採用では即戦力が期待されるので職歴が重要になってきますが、大学中退後フリーターになった方は正社員経験が無いという方も多いので、職歴にも自信が無いという方が多いと思います。

しかし未経験歓迎の求人なら職歴が少なくても大丈夫です。それにこうした会社は人柄重視という所が多いので、経験だけでなく学歴も問わないケースが多いんです。

そのため大学中退フリーターには未経験歓迎の正社員求人がオススメなんです。

そしてそうした未経験歓迎求人の多くは20代の若者をターゲットとしています。未経験歓迎といっても30代以降は欲しくないという会社がほとんどなので、未経験で入社するなら20代のうちがチャンスです。

ですから大学中退してフリーター生活を送っている方は、できるだけ早いうちに就活を始めた方がいいんですね。

また新卒ではない20代のフリーターというのは就活に慣れていない人が多いです。大学既卒者なら在学中に散々就活をしてきたかもしれませんが、中途採用と新卒では勝手が違います。そして中退した方の場合は就活すらしたことがない方も多いと思います。

20代フリーター向けの就職支援サービスではそうした就活慣れしていない方に向けて手厚いサポートを行ってくれるため、就活初心者でも安心なんです。

ハタラクティブもジェイックも無料で利用できるので、就活中のフリーターの方はぜひ利用してみてくださいね。

大学中退は履歴書に記載するべき?

大学中退者が悩むのが、履歴書の学歴欄に大学中退の事を記載するかどうかだと思います。

「結果的には高卒になるのだから大学の事は書かなくてもいいんじゃないか」
「中退だと印象が悪い気がするので書かない方がいいかな」

など色々考えてしまうと思いますが、大学中退は履歴書に書きましょう。

例えば入学後1年で中退したとします。もし大学中退について履歴書に記載しなかったとしたら、高校卒業後から大学中退までの間空白になってしまいます。

空白期間があると採用担当者は必ず理由を聞いてきます。面接であればそこで説明すればいいですが、書類選考の段階では質問ができないので単純に何もしていなかったと判断されてしまいます。

ですからそうした事態を避けるために、学歴欄には

「○○大学 入学」
「○○大学 中途退学」

と記載しましょう。

その際、中退理由は簡潔に書いておいた方が良いでしょう。経済的な理由や家庭の事情、一身上の都合などでいいと思います。

実際に経済的な理由などで大学に通えなくなってやむなく中退せざるをえない人もいるので、きちんと事情を説明すれば中退に理解を示してくれる採用担当者もいます。

悪いイメージを持たれたくないからといって嘘を書いてしまうと後から大変なことになるので、履歴書には正しい情報を記載するようにしましょう。

大学中退後、フリーターは何歳まで続けられる?

大学中退後にフリーターになった場合、フリーターを続けられる年齢は何歳までが限界でしょうか?

限界ということだけで考えると、30代でも40代でも50代でも、仕事を選びさえしなければアルバイトを続けていく事は可能です。

車の免許も持っていれば、配送・配達の仕事も可能です。
アルバイトの選択肢が広がる事になります。

しかし、40代、50代になってもフリーターを続けたいと考えている方はいないと思います。

そこで、フリーターから正社員になるために就職活動をスタートする人が多い年齢の区切り、ということで見ていきたいと思います。

フリーターの友人が減る、25歳

20代前半はまだまだ同年齢、同世代のフリーターも多いです。
バイト先でも、同じ年頃の仲間が多いのではないでしょうか。

しかし大学中退後、4年、5年と経ってくると、さすがにフリーターを続けている人も減り、正社員就職をする人が増えてきます。

長くフリーターを続けていても年収はずっと低いままで上がりませんし、生活の不安定さをなんとかしたい!という気持ちから、脱フリーター、正社員就職をということで就職活動をスタートする方も多いといえます。

友人の結婚が増える、27歳、28歳

脱フリーターの最大の理由ともいえるのが、

結婚

です。

結婚のために正社員にならなければならないので、就職したい。
という理由から、就職支援サービスを利用して就活をする人はとても多いです。

フリーターでいることが結婚の最大の障壁となっていることから、できるだけ早く就職したい、といった方もいるようです。

低収入のフリーターではそもそも生活が出来ない、という事情もありますし、正社員にならないとローンの審査も通りにくい、といった現実的な問題が多くあることから正社員就職を目指す理由ともなっています。

年齢的にも、27歳までは未経験者歓迎の求人も多く見つけやすいこともあり、正社員就職を目指しやすいといえます。

30歳を前にした29歳

30歳を区切りと考えるフリーターの方は多いです。

フリーターから正社員になるために就活をするのが面倒で行動に移れなかった方も、30歳を前にして就職活動をする方は多いといえます。

さすがに親や友人も心配して、就職について色々と言われることが最も多い時期ではないでしょうか。

就職を諦めるのはまだ早い年齢です。
30歳を越えてもまだ求人は少なくはなりますが、見つける事は可能です。

もちろん志望動機や自己アピールはこれまで以上にアピールしなければなりませんが、しっかり準備をすることで正社員就職はまだ間に合うと言えます。

正社員就職のチャンスとして、20代最後の29歳は未経験者歓迎の求人がギリギリ見つかりやすい年齢です。

そうした事もあり、29歳でギリギリ滑り込むために就職支援サイトを利用する方も多いです。

大学中退フリーターの就職は、内定率の高い就職支援サイトの活用がオススメ

大学中退フリーターの就職活動は、出来る限り内定率の高い就職活動をしたいものです。

不採用が続くとモチベーションもどうしても下がりますし、人によっては就職活動を一時辞めてしまうことにも繋がりかねません。

大学中退者は他に転職希望者や第二新卒、高卒といった応募者がいる場合には、不利になることがあります。

中途採用に応募者が集まりやすい大企業、有名企業などにこだわらず、中小企業にまで範囲を広げて求人情報をお探しになることをオススメします。

中小企業の中にも、優良企業、ホワイト企業は多く存在していますからね。

そうした中小企業の中には、一般の求人サイトを利用せずに先ほどご紹介したようなフリーター向け就職支援サイトを活用していることも多いです。

非公開求人として、こうした求人情報を得るためにも大学中退の方にオススメの就活方法となります。

採用にあたっては大学中退、フリーター・ニートの人を前提として、人物重視、ポテンシャル採用で検討してくれますから通常の就活よりも内定率が高い就職活動をすることが出来ます。

大学中退フリーターの方が正社員として就職するには、未経験者歓迎の求人を中心に応募するのがオススメです。

そういった意味からも、効率良く「中小企業の未経験者歓迎の求人」が得られる就職支援サイトを活用してみる方法を、おすすめしたいと思います。

トップページへ