20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

大学中退フリーターの就活

大学中退者がフリーターになるまで

大学へ進学したものの、途中で中退してしまった方もいらっしゃるでしょう。

大学を中退する理由は、

など人によって様々だと思います。

中退後はまず就職を考える方が多いと思いますが、なかなかすぐに就職とはいかないかもしれません。

大学中退となると新卒枠ではなくなるため、中途採用で頑張るしかありません。しかし新卒に比べて中途採用は職歴も関係してくるのでハードルが上がってしまうんですよね。

そのためとりあえずバイトで働こう、ということでフリーターになる方が多いですね。在学中に働いていたバイト先でそのまま働き続ける方も多いと思います。

大学中退は高卒扱い

そんな大学中退フリーターの就活はどのように進めていけばいいのでしょうか。

大学中退した場合、最終学歴は高卒になります。そのため高卒の人と同じような方法で就活を進めましょう。

大卒に比べて高卒が不利だと感じることと言えば、やはり応募条件で学歴の条件がある場合です。実際に正社員求人を探してみると分かりますが、応募条件が「大卒以上」「短大・専門卒以上」という会社は多いんですよね。

こうした求人だと大学中退者は当てはまらず、応募することができません。こうした時に大学中退者の就活の厳しさを実感するかもしれません。

しかし、数ある求人の中には高卒(大学中退)でも応募できる求人もたくさんあります。大卒向けの求人ばかり見て落ち込むのではなく、中退者でも応募できる求人情報をいかに多く集めてその中から優良企業を探し当てることが大切です。

大学中退者には未経験歓迎求人がおすすめ

そうした大学中退者向けの求人情報を集めるには、就職支援サービスの力を借りましょう。就職支援にも色々ありますが、大学中退の方におすすめなのはフリーター向けの就職支援サービスです。

これらは20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けのサービスです。こうしたフリーター向けの就職支援は未経験者向けの求人が多いのが特徴です。

通常中途採用では即戦力が期待されるので職歴が重要になってきますが、大学中退後フリーターになった方は正社員経験が無いという方も多いので、職歴にも自信が無いという方が多いと思います。

しかし未経験歓迎の求人なら職歴が少なくても大丈夫です。それにこうした会社は人柄重視という所が多いので、経験だけでなく学歴も問わないケースが多いんです。

そのため大学中退フリーターには未経験歓迎の正社員求人がオススメなんです。

そしてそうした未経験歓迎求人の多くは20代の若者をターゲットとしています。未経験歓迎といっても30代以降は欲しくないという会社がほとんどなので、未経験で入社するなら20代のうちがチャンスです。

ですから大学中退してフリーター生活を送っている方は、できるだけ早いうちに就活を始めた方がいいんですね。

また新卒ではない20代のフリーターというのは就活に慣れていない人が多いです。大学既卒者なら在学中に散々就活をしてきたかもしれませんが、中途採用と新卒では勝手が違います。そして中退した方の場合は就活すらしたことがない方も多いと思います。

20代フリーター向けの就職支援サービスではそうした就活慣れしていない方に向けて手厚いサポートを行ってくれるため、就活初心者でも安心なんです。

ハタラクティブもジェイックも無料で利用できるので、就活中のフリーターの方はぜひ利用してみてくださいね。

大学中退は履歴書に記載するべき?

大学中退者が悩むのが、履歴書の学歴欄に大学中退の事を記載するかどうかだと思います。

「結果的には高卒になるのだから大学の事は書かなくてもいいんじゃないか」
「中退だと印象が悪い気がするので書かない方がいいかな」

など色々考えてしまうと思いますが、大学中退は履歴書に書きましょう。

例えば入学後1年で中退したとします。もし大学中退について履歴書に記載しなかったとしたら、高校卒業後から大学中退までの間空白になってしまいます。

空白期間があると採用担当者は必ず理由を聞いてきます。面接であればそこで説明すればいいですが、書類選考の段階では質問ができないので単純に何もしていなかったと判断されてしまいます。

ですからそうした事態を避けるために、学歴欄には

「○○大学 入学」
「○○大学 中途退学」

と記載しましょう。

その際、中退理由は簡潔に書いておいた方が良いでしょう。経済的な理由や家庭の事情、一身上の都合などでいいと思います。

実際に経済的な理由などで大学に通えなくなってやむなく中退せざるをえない人もいるので、きちんと事情を説明すれば中退に理解を示してくれる採用担当者もいます。

悪いイメージを持たれたくないからといって嘘を書いてしまうと後から大変なことになるので、履歴書には正しい情報を記載するようにしましょう。

トップページへ