20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

土日休みの仕事にこだわっている方へ

平日休みの仕事も検討する価値あり?

土日休みで働ける職場を希望する人は多いですね。就職先をお探しのフリーターの方も、「土日休み」の条件で検索している方は多いのではないでしょうか。

世の中には様々な仕事がありますが、その半数以上は平日に仕事で土日もしくは日曜がお休み、という体制になっています。一般的なサラリーマンの休日といえばこの土日休みをイメージされると思います。

一方で、土日は仕事で平日がお休みという平日休みの仕事もあります。完全シフト制で休みがバラバラという職場もあれば、日曜と平日1日の固定という職場もあります。

土日休みを希望している方は、こうした平日休みの仕事は除外して探していると思います。しかしそれは、仕事選びの選択肢を狭めているという事でもあります。

平日休みの仕事は少数派とはいえ、その数は馬鹿にできません。販売系、飲食系などサービス業はほとんど当てはまりますし、医療系の仕事もシフト制のことが多いです。他にも平日休みの仕事って意外とあるんですよね。

つまり、平日休みの仕事も就職先の候補に入れることができれば、その分仕事選びの幅を広げることができるんです。

今までかたくなに土日休みにこだわってきた方は、これを機に一度平日休みの仕事についても検討しなおしてみてはいかがでしょうか。

ということで、土日休みと平日休みのそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

土日休みのメリット・デメリット

土日休みのメリット

家族や恋人、友人と休みが合う

何と言ってもこれですね。土日休みを希望する人のほとんどはこれが理由ではないでしょうか。

世の中の大半が平日に仕事・土日に休みという生活を送っているため、土日休みの仕事に就けば周りの人達と休みが合います。

ただ、普段付き合いのある人達が平日休みの仕事だったとしたら話は変わってきますね。土日休みの仕事だと平日休むのが難しくなりますから、逆に休みが合わせづらくなります。

毎週連休がある

毎週土日休みの完全週休二日制の場合、毎週末に2連休があることになります。シフト制だと連休ってなかなか取れないので、毎週あるというのは魅力的です。

世の中の人達と同じ休みを取れる

これはお正月やお盆、GWなどの大型連休の時に実感します。

こうした大型連休の時って独特の雰囲気がありますよね。特にお正月は普段とは違うお正月気分を味わえます。

土日休みのデメリット

どこに行っても混んでいる

土日、特に日曜日や祝日はどこに行っても混んでいます。金曜・土曜の夜は居酒屋も混みます。人混みが苦手という人にとっては辛いですね。

休日料金で割高になる

旅館やホテルでは平日に比べて土曜日や祝前日は割高に設定されています。極端な所だと5倍、10倍近く高くなっていることもあります。

カラオケなどでも平日と土日・祝前日は料金体制が異なる場合が多いですね。

平日休みが無い

休日が土日で固定されている場合、毎週土日が休みな分平日の休みがありません。役所に行く用事がある場合など、平日に動きが取れないのは不便に感じることも多々あります。

平日休みのメリット・デメリット

平日休みのメリット

どこに行っても空いている

どこに出掛けても混雑している土日に比べ、平日はどこに行っても空いています。

話題のお店にも並ばずに入れるし、買い物に行っても空いた店内で広々と買い物できるし、慣れると土日休みには戻れなくなるくらい快適ですよ。

平日割引がある

土日は割増料金がかかることも多いですが、平日はそれがありません。また平日に割引料金を適用している店もあります。

空いている上に安いなんてメリットだらけですね。

病院や役所に行きやすい

病院や役所関係は平日の17時までで土日は休みというところが多いです。土日休みの仕事だとちょうど自分の勤務時間と被るんですよね。

平日休みの職場なら、休みの日に病院や各種手続きなどの用事を済ませることができます。

平日休みのデメリット

周りと休みが合わない

土日休みの人と休みが合わないので、恋人や友達が土日休みの仕事をしている場合はなかなか予定を合わせられません。

イベントに参加しづらい

ライブやフェスなどイベント関連は土日開催が多いです。よくイベントに参加する方は休日の調整が難しくなるかもしれません。

また仲間内の飲み会や集まりも金曜や土曜の夜に開催される事が多いと思いますので、そうした集まりにも参加しづらくなってくるでしょう。

生活のリズムが乱れやすい

休みが不規則なので、体調管理が難しくなります。遅番や夜勤もある仕事だと特にそうですね。

「恋人や友達と休みが合わない問題」について

土日休みの仕事か平日休みの仕事かを選ぶ上で最大のポイントとなるのが、周りの人達と予定を合わせられるかどうかという点でしょう。

頻繁に会う恋人や友達がみんな土日休みの仕事をしていると、自分だけ平日休みの仕事に就いたら休みが合わなくなってしまいます。土日休みを強く希望している方は、その点を懸念しているのだと思います。

確かに平日休みの仕事に就いてしまうと毎週土日に休むことは出来なくなるので予定は合わせづらくなります。しかし、平日休みの仕事とはいっても土日に全く休みが取れないとは限りません。

意外と多いのは、日曜プラス平日のどこか1日が休みというパターンです。こうした体制なら少なくとも日曜日は毎週休むことができます。

また完全シフト制だとしても、月に1~2回は土曜もしくは日曜の休みを取れる所もあります。職場にもよりますが、シフト制だからといって土日は絶対に休めないとは限らないんです。

それに例え休みがなかなか会わなくても、仕事の後に会う事はできます。「平日休みの仕事にしたらみんなと遊べなくなっちゃう…」と心配している方も多いですが、本当に会おうと思えば会えるんです。

ですから全く会えなくなる訳でもないですし、就職のためだと思えば会う時間が少なくなるのは我慢できる範囲ではありませんか?

「彼氏とは一分一秒でも長く一緒にいたい!」という性格の方は難しいかもしれませんが、そうでなければ慣れてしまえば意外と平気になるものですよ。

それに平日休みの生活を送っていると、自然と同じ平日休みの人とつるむようになってきます。探してみると意外と平日休みの仕事をしている人はいるものですよ。

もしここさえ妥協できるのであれば、平日休みの仕事も選択肢に入ってくると思います。

平日休みの仕事も含めて探す

平日休みの仕事はサービス業や製造業、病院関係が多いですね。

しかし中には事務などの一般的には土日休みが多い仕事でも、平日休みの職場もあったりします。やはり土日休みの仕事を希望する人が多いので、そうした求人は意外と狙い目です。

わざわざ平日休みの仕事を狙って探さなくても、平日休みの仕事を含めて検討するだけでもいいです。要は除外する求人をなるべく少なくする方がそれだけ就職先を見つけやすくなるという事ですね。

求人を探す際は、

といった20代フリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスがおすすめです。未経験OKの求人を数多く取り扱っているので、フリーター就職の成功率がアップしますよ。

平日休みの仕事も含めて探すことができれば選択肢は広がりますから、その分給料や仕事内容など他の面で希望に合う求人が見つかりやすくなるでしょう。

今まで平日休みの仕事は問答無用で除外してきたというフリーターの方は、これを機に平日休みの仕事にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

トップページへ