20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

会社選びで失敗しないためには

会社選びに自信が無い

フリーターから就職を目指す方は、日々正社員求人をチェックしていると思います。

ハローワークに通ったり、新聞の求人広告や求人誌を見たり、求人サイトで検索したり、転職エージェントに登録したりと、求人の探し方は色々ありますね。

しかし就活中のフリーターの中には、会社の選び方に自信がないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気になる求人が見つかったとしても、

「求人を見る限り良い会社っぽいけど本当かな?」
「ブラック企業じゃないか心配」
「もっと良い会社が見つかるかもしれないし…」

と心配になって結局応募するのをためらってしまう、という事もあるのではないでしょうか。

早期退職は職歴に傷が付く

誰だって就職先選びは失敗したくないですよね。そしてそれは早期退職を避けたいという気持ちが強いからだと思います。

もちろん変な会社に就職したせいでパワハラを受けたり過酷な労働を課せられるのは嫌だという気持ちもあるでしょう。しかし、すぐに会社を辞めざるを得なくなる方がもっと嫌だと考えている方も多いと思います。

就職先選びに失敗してしまったら、すぐに会社を辞めたくなるでしょう。しかし就職してすぐに退職してしまうと、職歴に傷が付いてしまいます。

そうなれば次の就職先がなかなか見つからないなど、今後に大きな影響を与えてしまいます。一度ならともかく、何度も早期退職を繰り返していると就職自体難しくなってきてしまいます。

ですから早期退職して職歴が汚れるのを避けるためにも、就職先選びは慎重に行わなくてはいけないんですね。

自分の希望に合った会社を見つけるには

では、就職先選びに失敗しないためには何に気を付ければいいのでしょうか。

まず就職先選びの失敗といっても、何をもって失敗とするのかは人によって異なります。「就職先選びに失敗した」と思う会社というのは、大きく分けると

のどちらかになると思います。

パワハラ、激務、社員の使い捨てが横行するブラック企業は言わずもがなですね。

何か一つでもメリットがあるなら100%失敗とはならないかもしれませんが、ブラック企業は総じて働くメリットなんて無いものです。ですからもしブラック企業に就職してしまったら、ほぼ全員が「失敗した」と思うはずです。

ではもう一つの「自分の希望と異なる会社」についてですが、これは人によって違いますよね。

例えばあるアパレルメーカーに就職したとして、販売職を希望していたのに総合職採用となってしまったら「失敗した」と思うかもしれません。しかし、元々総合職を狙っていた人にとっては就職先選びに成功したと言えます。

つまり、同じ条件でも自分の希望と合っているかどうかで成功か失敗かは変わります。ですからこうした希望条件との相違による失敗を防ぐには、

この2つが大切になります。

とはいっても、求人票から情報収集するには限界があります。ハローワークや求人サイトにある求人に掲載されている情報には限りがありますから、本当に知りたい事が記載されていない場合もあるでしょう。

また面接まで行けばその場で質問して確認することもできますが、給料や休みについてなど直接は聞きづらい事もありますよね。

そういった求人票だけでは分からない情報も含めて情報収集するには、就職支援サービスを利用してみましょう。

こうした就職支援サービスでは、実際に訪問して話をした企業の求人を扱っていることが多いです。

採用担当者と色々話をすることで、企業が本当に求めている人物像が見えてくるでしょうし、実際の職場の雰囲気なども分かると思います。

就職支援サービスの担当者からそうした情報を聞き出すことで、会社選びに失敗するリスクはかなり減らせるのではないでしょうか。

また直接聞きずらいことを代わりに聞いてもらうこともできるので、自力で就活するよりも入社前に入手できる情報量が多くなります。

ミスマッチを防ぐためにも、こうした就職支援サービスを通して求人探しを行うと安心できるのではないでしょうか。

就職支援サービスならブラック企業を回避できるかも

ブラック企業は誰もが避けたいと思っているでしょうが、実際には入ってみないと分からないことも少なくなりません。

ですから100%回避するというのは難しいのですが、先ほどご紹介したような就職支援サービス通じて就職先探しをすれば、ブラック企業を回避できる確率を上げることは出来ます。

先ほども言ったとおり、就職支援サービスの多くは企業訪問をして求人先の企業をチェックしています。具体的には登録者が安心して長く働ける会社かどうかをチェックしているんですね。

ブラック企業と呼ばれるような会社は離職率が非常に高く、求人紹介しても早期退職してしまう可能性が高くなってしまいますから、そうした会社の求人はなるべく除外しているんです。

そのため、就職支援サービスで扱っている求人にブラック企業が含まれる可能性は低くなっています。

もちろん100%安心はできませんが、少なくとも自分で探すよりはブラック企業に当たる確率は確実に低くなるのではないでしょうか。

ですからブラック企業を避けるという意味でも就職支援サービスはおすすめです。企業選びが心配な方はぜひ一度相談してみてくださいね。

トップページへ