20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

就職以外でお金を稼ぐ方法とリスク

就職する理由はお金のためだけ?

世の中には「フリーターやニート、無職は悪!若くて働けるなら正社員就職しろ!」みたいな風潮がありますよね。現在フリーターとして生活している方の多くも、いつかは就職しなくちゃとお考えになっているのではないでしょうか。

しかし、そもそもどうして就職しなくてはいけないと思いますか?

お金のため?
将来のため?
みんな就職しているから?

他にも趣味を仕事にして生きていきたいからとか、世の中の役に立ちたいからとか、色々な理由があると思います。ただ、就職する理由として最も多いのはお金のためではないでしょうか。

アルバイトの給料に比べ、正社員の給料は高いですよね。初任給でも大卒で月18万~20万程度、中には25万以上もらえる会社もあります。さらに昇給もあるので、勤続年数が長くなるほど給料もどんどん上がっていきます。

その上バイトにはないボーナスも支給されるため、年収で見るとバイトと正社員では大きな差があります。

雇用が安定している上に月々の給料も高い。しかも福利厚生も充実しているとなれば、フルタイムで働くフリーターは正社員になりたいと思うのも当然ですよね。

しかし金銭面だけで考えるなら、なにも正社員で働かなくてもお金を稼ぐ方法は他にもたくさんあります。

実際、正社員で働く人よりも年収が高い非正規雇用・無職の人も存在します。常に家にいて一見ただの引きこもりに見えるのに、実は年に1億以上稼いでいるなんてこともあります。

そんな話を聞くと、「えっ!就職しなくてもお金を稼げるなら無理に就職しなくてもいいじゃん!」と思うフリーターの方も出てくるかもしれません。元々お金目当てで就職を考えていたのなら当然ですよね。

しかし例え正社員より多額の収入を手に入れられる職業があるとしても、それでも20代フリーターの方には正社員就職を目指すことをおすすめします。

お金を稼ぐ方法は色々あるけど…

単純にお金を稼ぐ方法なら、会社に雇われて働く事以外にも

といった稼ぎ方があります。

これらの手段で成功すれば、一般のサラリーマンの何倍、何十倍もの収入を得る事も可能です。実際に年1,000万以上稼ぐデイトレーダーや個人投資家、パチプロはいますし、億越えの強者もいます。

もちろん誰でも簡単に稼げる訳ではありませんが、必死に勉強したり情報収集をしてコツを掴めばサラリーマンの平均年収より稼げるレベルに達するのも決して夢ではないと思います。

投資家・デイトレーダー・パチプロで生きるリスク

しかし、こうした方法でお金を稼いで生計を立てていく場合には、正社員には無い様々なリスクを伴うことになります。

まずは収入の不安定さがあります。株やギャンブルは上手くいっている時は大きな収入を得られますが、失敗したら多額の資金を失う事になります。

下手をすれば一気に多額の借金を抱えてしまう恐れもあるため、それならば少額でも毎月安定した収入を得られる正社員の方が安心して生活できますよね。特に家庭を持つ場合は安定した収入が何よりも必要になってきます。

とはいえ、こうした収入が安定しないというリスクは、多くの方が真っ先に思いつくことだと思います。なのでそれを承知の上で正社員就職以外の道を進もうとしているフリーターの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、株やギャンブルで生活することには収入が安定しないこと以外にも見逃してはいけない大きな問題点があります。それは世間体についてです。

デイトレーダーや投資家、パチプロなどは世間から職業として認知されておらず、職業欄にこれらの仕事を職業として書くことができません。書くとしたら自由業になるでしょうか。

世間からはニートや無職と思われてしまうことも多々あり、例え年収1億あっても世間からは無職扱い。はっきり言って世間体はあまり良くないんですよね。

世間体が良くないという事は、結婚する際にも大きな障害となる可能性があります。親としては子供には安定した収入のある人と結婚して欲しいと考えますから、娘が連れてきた相手が無職のパチプロとなるといくら貯金が何千万あっても普通は反対されます。

将来子供ができても子供に職業を聞かれてはっきり答えられない…というのも辛いです。これも普通のサラリーマンにはない悩みですね。

それに男性で言うと、トレーダーは女性にモテないという話もよく聞きます。そもそも仕事内容がよくわからなくて怪しいイメージがあるという理由もありますが、やはり安定性がなくて怖い、危険というイメージが強いからだと思います。

いくら稼いでいても今だけかもしれない、いつか借金まみれになるかもしれないという心配から、結婚相手には選びたくないと思うのでしょう。

そしてこうした会社で働く以外の方法で生活している人達に共通しているのが、寂しいという気持ちを抱いている人が意外と多いという事です。

株やギャンブル、家賃収入などで生計を立てている人達は、その仕事柄人と関わる機会が極端に少なくなります。上手く行った時も失敗した時も常に一人。成功を喜びあったりミスをフォローしてくれる上司・同僚はいません。

お金は十分に稼げているけれど、孤独で寂しい…。こうした気持ちから、社会との繋がりを求めて会社勤めを選ぶ人も少なくないと言います。

孤独以外にも、失敗=無収入(もしくはマイナス)という強いプレッシャーもありますし、億万長者になれる夢がある分精神的に辛い事も多いです。自由な生活がしたいからといって選んだ道なのに、正社員勤務以上のストレスに苦しむ事もあるでしょう。

20代のうちに正社員勤務経験を積むことの大切さ

デイトレーダーや投資家、パチプロなどで生計を立てることのリスクを色々と説明しましたが、それよりも20代フリーターの方に就職を勧めるのには、なにより20代のうちに正社員経験を積んだ方が将来の為になるからという理由が大きいです。

20代というのは企業からのニーズが高い年代です。この時期なら未経験であってもまだ正社員就職しやすいんです。これが30代、40代で未経験就職となるとかなり難しくなるんですね。

もし20代をずっとデイトレーダーとしてやってきて30代後半、40代以降になってやっぱり就職しようと思い立った場合、その歳で職歴無しというのは非常に厳しいです。

しかしもし20代のうちに正社員経験があると、社会人経験無しに比べて再就職できる可能性が上がります。もちろんブランクがあるので一筋縄ではいきませんが、それでも職歴無しよりはマシです。

それに、若いうちに就職するのは社会を知る上でも必要な経験だと思います。正社員とはバイトとは違うので色々な経験が積めますし、基本的な社会人マナーも身に付けることができます。

ですから将来別の方法で生計を立てていくつもりだとしても、一度は正社員経験を積んでおくべきだと思います。

どうしても投資やギャンブルで稼ぎたいというのなら、正社員で働きながら副業として行っていくのがリスクも少なくていいのではないでしょうか。安定した収入があるというのは精神的にも安定します。

20代での就職は今しかできませんが、就職以外の道に進むのは後からでもできます。リストラされた事をきっかけに投資家の道に進む人もいますし、副業でずっと続けてきて軌道に乗ったところで本業に切り替える人もいます。

人生は長いですから、20代でまだ就職したことがないのであれば、これも経験の一つだと思ってまずは就職してみることがいいと思いますよ。

フリーターから就職を目指すなら、

といった20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスを利用してみてください。

経験が無くてもOKという未経験者歓迎の企業からの求人を数多く取り揃えているので、フリーター就職の成功率がアップします。

こうした未経験歓迎求人が豊富なのも20代のうちだけですから、チャンスがあるうちに就職を目指してみてはいかがでしょうか。

トップページへ