20代フリーター仕事探し【社会人未経験向け就職サイト】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

楽な仕事・キツい仕事を知りたい

楽に働ける職場に就職したい

世の中には実に様々な職業があり、それぞれ仕事内容も全然違います。どんな仕事に就こうかなと色々考えてみた時、「楽な仕事をしたい」「キツイ仕事は避けたい」と思う方は少なくないと思います。

もちろん仕事は給料はキツさだけでは推し量れませんから、例え大変でもやりがいのある仕事を選ぶという方もいれば、給料も安いし過酷な環境だけどずっと夢だった職業に就きたいという方もいます。

ただ、今のところ特にやりたい事が見つかっていないとか、過去にブラック企業に勤めた経験のある方などは、もし同じ給料なら少しでも楽な方を選びたいと考える方が多いのではないでしょうか。

そこで、楽な仕事・キツイ仕事にはどんなものがあるのかを考えてみましょう。

そもそも、仕事の楽・キツイという判断基準は人によって異なります。暇な仕事の方が好きな人と、暇だと時間が長く感じるから適度に忙しい方が好きという人がいますよね。

ですから体力的に楽な仕事・キツイ仕事と、精神的に楽な仕事・キツイ仕事に分けてみました。

体力的に楽な仕事・キツイ仕事

【楽な仕事】

事務職

事務職は一日中座りっぱなしなので、体力的には楽です。その分長時間座りっぱなしによる肩こりや腰痛はありますが。

仕事内容も基本ルーティーンワークなので、精神的にも楽です。ただしたまには外に出て気晴らししたいと思うタイプには苦痛かもしれません。

コールセンター

コールセンターもずっと座って行う仕事なので体力的に楽です。また最後の電話が長引いたことによる残業や任意の残業はありますが、基本的に多いほうではないのでそういった面でも楽です。

薬剤師

医療系はハードな仕事が多いですが、薬剤師はゆったり働けて体力的には楽な仕事です。給料も良いです。ただし命に関わるので責任は重大です。

【キツイ仕事】

飲食業界

飲食業界、特に24時間営業の外食チェーン店や居酒屋勤務は労働時間がかなり過酷なことになります。特に店長にもなると一日の拘束時間が長い上に休日出勤も当たり前という状況になりかねません。

また売上が落ち込めば上から責められますから、精神的にもキツイ仕事と言えます。

看護師

看護師も体力的にかなり大変な仕事です。患者さんの体を支えたり持ち上げたりする重労働に加え、夜勤もあり生活リズムが安定しないので辛いです。

ただ科によって忙しさは大きく違うので、歯科や眼科、精神科などや夜勤無しの職場を選べば比較的楽に働けるかもしれません。

IT企業の技術職

プログラマーやSEといった技術系の仕事は、体を動かすような業務内容ではないものの、残業や休日出勤が多く拘束時間が長いというのがキツイところです。

そこまで仕事量が多くない会社に当たれば大丈夫ですが、残念ながらブラック体質の会社が多いので、多くの技術者は夜遅くまで働いています。

さらに納期にも追われるため精神的にもかなりキツイ仕事です。

精神的に楽な仕事・キツイ仕事

【楽な仕事】

工場勤務

工場で働く製造業の仕事はひたすら黙々と働けるので、コミュニケーションが苦手な人にとっては気楽に働ける職場です。

基本立ちっぱなしではありますが仕事自体は単純作業が多いので、仕事の難しさという意味でも楽な仕事です。

ただしひたすら同じ事の繰り返しが辛く感じる人にとっては、一気に精神的に辛い仕事となります。

警備・管理の仕事

警備員やビルメンテナンス、マンション管理人など、普段は監視・管理がメインの仕事は精神的に楽です。体力的にも楽ですね。

ただ非常事態があった時には即座に対応しなくてはいけないという大変さはあります。

ごみ収集

ごみ収集の仕事は残業がほとんどなく、さくっと働いてさくっと帰れる、それでいて給料もそこそこもらえるという意外と美味しい仕事です。昔に比べて若い作業員も増えましたよね。

仕事自体も体力は必要ですが、精神的には気楽に働けます。臭いは意外と気にならないという声も多いです。

【キツイ仕事】

営業職

ルート営業ならいいのですが、飛び込みがメインの職場だとかなり辛いです。また扱う商品も大きく関係し、詐欺まがいの商品をお年寄りに売りつけるような会社だと罪悪感にも苛まれます。

ただ営業は向き不向きがあるので、合っている人ならどんどん売り上げを伸ばして高給与が期待できる仕事でもあります。

接客・サービス業

これらの仕事が精神的にキツイのは、客からのクレームに対応しなくてはいけないからです。店員相手に普段の憂さ晴らしをする悪質なクレーマーも多いですから、理不尽なクレームが続くと精神的にやられます。

同じ理由で、コールセンターもお客様相談室などクレーム対応を行う部署に配属されれば精神的に辛いです。

クリエイター

0から新しいものを生み出すのは大変な作業です。良いアイディアが全然浮かばないのに納期が迫ってくる時には非常に精神的に辛くなります。

しかしクリエイティブ職は好きを仕事にしている人が多いので、好きな事ならいくら辛くても頑張れるという人も多いですね。

結局どんな仕事が一番楽なの?

以上、ごく一例ではありますがいくつかの仕事を挙げてみました。

体力的にキツイというのは単純に力仕事が多くて大変という意味だけでなく、寝る暇が無い程拘束時間が長いから辛いという仕事も多いです。精神的なキツさはクレーム対応など業務内容自体の辛さの他、納期があることで精神的に追い込まれるという辛さもあります。

また責任の重さも精神的なキツさに大きく関わってきますね。比較的責任の軽い仕事ほど気楽に働けて、責任の重い仕事ほど精神的な負担も大きくなるようです。

では楽な仕事を選びたいという場合、体力的に楽な仕事と精神的に楽な仕事のどちらがいいのでしょうか。

これはまたその人の考え方にもよりますが、一般的には精神的に楽な仕事の方が働きやすいと言われる事が多いです。

これは体力的に辛いだけなら体を壊しても身体的に回復すればまた復帰できますが、メンタルをやられてしまっては回復までかなりの時間を要するからでしょう。もちろん後遺症が残るような重大な怪我や病気になってしまったら取り返しがつきませんが、やはり精神的なダメージの方が辛いと考える方が多いようです。

ただ職場選びは本当にその人に合った職場を見つけるのが一番ですから、迷った時は過去の経験を思い起こしてみるといいでしょう。

例えば、「引越しのバイトは本当に辛かった。あれなら早期退職した営業の仕事の方が楽だったかもな」と思ったなら次は体力的にキツイ仕事は避ける。

「web制作会社では納期が迫った時の追い込みが嫌でしょうがなかった。次はもっと気楽に働ける仕事がしたい」と思ったなら精神的に楽に働ける仕事を選ぶと満足のいく転職になるのではないでしょうか。

仕事選びで困った時には、就職支援サービスのコンサルタントに相談してみるのもいいと思います。過去の経験やスキルから、適職探しのアドバイスを受けられるでしょう。

そして希望の条件が定まれば、その条件に合った求人を紹介してもらえます。効率的に仕事探しができるようになりますよ。

また就職支援サービスでは求人に関する詳しい情報も持っているので、具体的な仕事内容や職場の人間関係についての情報なども聞くことができればとても参考になりますよね。

フリーターの方なら、

といったフリーター向けの就職支援サービスを選んでください。その方が未経験求人が多く、また手厚いサポートも受けられるので就職成功率がアップしますよ。

ハタラクティブは東京近郊、DYM就職は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌、就職Shopは首都圏・関西の地域に対応しています。無料で利用できるので、仕事選びにお悩みの方は相談だけでも行ってみてはいかがでしょうか。

トップページへ