20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

焦って就職先を探すことのリスク

どこでもいいから就職したい!

フリーターの現状に焦りを感じて就活を始めたものの、何社受けても全然採用されない。そんな時、「もう正社員で雇ってくれるならどこでもいい!」と思ったりしませんか?

本当はどこでもいい訳じゃないけれど、希望条件で絞っていてはいつまで経っても就職先が決まらないし…と思ったら、もうどこでもいいという気持ちになってしまうんですよね。

というのも、就活が長引けば精神的にも追い詰められます。最初のうちは職種や業種、年収、休日数、その他待遇等の希望条件から求人を選んで応募していても、不採用が続くとそうも言ってられなくなってきます。

不採用通知を受け取る度に自分を否定されたような気持ちになるし、「また一からか…」と毎回振り出しに戻される絶望感も味わいます。いつまでこの状況が続くのか無性に不安にもなるでしょう。

そのためさっさと就職を決めて、一刻も早くこんな辛い状況から抜け出したいと思ってしまうんですよね。

それに無職もしくはバイトのシフトを減らして就活を続けている場合、金銭的にも厳しくなってきます。早く仕事を決めないと生活できなくなってしまいます。

こうして精神的にも金銭的にも追い詰められた結果、「どこでもいいから就職したい」という発想になってしまうんです。

就職先を妥協しすぎるのはリスクが高い

しかし、そうやって切羽詰まった状況で就職先を探してもあまり良い事はありません。就職先を妥協しすぎてしまうのはリスクが大きいからです。

確かに就活が長引くのは辛いですし、早く就職を決めたいという気持ちになるのは分かります。しかしあまりにも条件を緩めすぎると、企業選びに失敗してしまう可能性が高まってしまいます。

それは世間一般で言うブラック企業に引っかかってしまうのもそうですが、周りから見れば条件が良くても自分にとっては合わない会社を選んでしまうかもしれないという事です。

では、就職先選びに失敗するというのは具体的にどういった事なのでしょうか。

ブラック企業で働く恐ろしさ

まず真っ先に思い浮かべるのがブラック企業ですね。

こうした企業はブラック企業と呼ばれ、うっかり就職してしまうと過酷な労働環境で働かされる事になります。

正直、業界によっては長時間労働やサービス残業が当たり前のようになっていることもありますが、それでも仕事内容が好きだから大変でも働きたいとか、下積みのつもりで数年間は我慢する覚悟だとか、過酷な状況を理解した上で入社しているならいいんです。

しかし求人票では「サービス残業なし!」「ノルマ無し!」「社員みんな仲良し!」などと謳っておきながら、実際には終電帰宅が当たり前だったり、実現不可能なノルマを課せられたり、毎日上司から罵詈雑言を浴びせられるといった環境であることが問題なんです。

しかもフリーターからの就職の場合、就活が難航した分やっと決まった就職先をすぐに辞めてしまうのは嫌だという心理が働きます。今辞めてしまえばまた就活を一からやり直さなきゃいけないし、お金ももうないし、早期退職しちゃうと職歴が汚れるし…といった事を考えてしまって、なかなかやめられないんですよね。

それにあまり就職経験が無い方や初めての就職の場合、他の会社と比較できないため「これが当たり前」と思ってしまう事もあります。「今までバイトしか経験が無かったけど、正社員ってこんなに過酷なんだな…」と勘違いしてしまえば会社のブラック体質には気付けないんです。

キツイ、苦しいと感じていても、会社の体質がおかしいという事に気付けなければ「自分の能力が低いせいだ」と自分を追いつめてしまい、気が付いた時には極度のストレスや過労により体を壊してしまいます。うつ病になる人も少なくないです。

何の目的もなくブラック企業で働き続けても良い事はありませんし、体調も崩してしまうので危険です。

自分に合っていない職場で働くのも辛い

ブラック体質の会社じゃなくても、自分が希望していた環境ではない職場を選んでしまった場合も職場選び失敗と言えるでしょう。

例えば事務職で一日中座りっぱなし、業務量は少なく忙しくない(どちらかというと暇)、休憩時間もたっぷりで勤務中お菓子を食べてもOK、毎日定時で帰れるという職場があったとします。

プライベート重視で夜は早く帰りたい、仕事内容も忙しくなくゆったりとした環境で働きたいと思っている人にとっては最適な職場ですよね。これで給料もそこそこもらえて休日も多かったら最高です。

しかし、仕事はやりがいがなにより大切という人にとっては一日中暇で特にする事もない環境は苦痛でしょうがないと思います。毎日同じ事の繰り返しでつまらない、それなら給料が安くても忙しく働ける職場の方が充実感があって良いと考えるのではないでしょうか。

バイトをする時もそうですよね。暇な職場の方が楽でいいという人もいれば、忙しい方が時間が早く過ぎるからいいという人もいます。

そう考えると、周りが羨むような環境であっても自分自身が満足していなければそこは理想の職場とは言えません。

つまり、職場選びではそういった「自分に合っているかどうか」という点も考慮しなくてはいけません。

仕事内容以外に社風も重要です。社交的でイベント大好きな人はワイワイした雰囲気でみんな仲良し、社員旅行やレクなどイベントもたくさんある職場だと楽しめますね。逆に内向的で職場の人とはあまりつるみたくない、仕事は仕事と割り切っている人だとそういった職場は煩わしく感じるかもしれません。

同じく職場の男女比も職場選びにはチェックしておきたいポイントです。女性だらけの職場が苦手、男性ばかりの職場は嫌といった希望もありますよね。平均年齢も職場の雰囲気に関係してきます。

他にも家から近くて通いやすい職場がいいとか、転勤が少ない職場がいいとか、制服がある職場がいいとか、人によって希望する条件は色々あると思います。

しかしこれらすべてを叶えようとするとやはり就職先選びに苦労して結局「もうどこでもいい!」となってしまうので、希望条件は満たしつつある程度妥協するためには、自分の中で希望条件に優先順位を付けることが大切です。

まず「絶対にこれだけは譲れない!」という条件を挙げ、そこは妥協しないことにします。そして優先順位の低い条件から妥協していきましょう。そうすることで致命的なミスマッチは減らすことが出来るのではないでしょうか。

会社選びに失敗しないために

職場選びに失敗したくないなという方は、事前に少しでも多くの情報を得ることが重要になってきます。判断材料が多ければ多い程しっかりと吟味できますからね。

しかし求人情報に載っている情報には限りがあります。給与額や年間休日数、残業の有無、従業員数、主な仕事内容などは分かりますが、それ以外の社風や有給取得率、具体的な仕事内容などはよく分かりません。

そうした求人票に載っていない情報を得るためには、就職支援サービスを利用するのがオススメです。

これらは20代フリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスで、フリーターでも就職しやすい未経験OKという企業からの求人が集まっています。

こうした支援サービスではコンサルタントが就職のサポートをしてくれます。その際、応募先の求人について分からない事があれば代わりに質問してもらうこともできます。

特に給料や休みの事などは直接質問しづらいですよね。そうした際に代わりに聞いてくれるのは助かります。

また扱っている求人は担当者が直接企業を訪問したりして職場の環境などをチェックした上で登録者に紹介しています。そのため職場に関する詳しい情報も持っていますから、より具体的な希望条件を提示してもそれに見合った職場を紹介してもらえるはずです。

さらにはあまりに過酷な環境であったりそうした事が原因で離職率の高い職場は省いていますから、これらの支援サービスを通じて就職先を探せばブラック企業に当たるリスクも最小限に抑える事が出来ます。

そして上記でご紹介したフリーター就職支援サイトでは、実際に多くのフリーターが就職を成功させています。20代フリーター向けの求人を揃えているので就職成功率が高いんです。

もうどこでもいいから就職したい!と半ば自暴自棄になってしまっているフリーターの方は、ぜひ就職支援サービスを利用してみてくださいね。

トップページへ