20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

フリーターを卒業するには

フリーターで困る事はたくさんある

就活が上手くいかなくて就職できなかった方、元々就職する気が無くて卒業後そのままフリーターになった方、一度就職したものの退職してそのままずるずるとフリーターになった方…。

フリーターになった経緯は様々ですが、現状に焦りを感じていて「このままじゃまずい、早くフリーターを卒業したい」と思っている方は多いと思います。

フリーターは収入が低い上に社会的信用度も低く、正社員に比べると不利な点はたくさんあります。貯金する余裕がない、クレジットカードを作れない、結婚を反対されるなど、実生活でも困る事は色々とあるでしょう。

それにフリーター歴は長ければ長いほど就職に不利になります。無職やニートとは違うとしても、アルバイト歴は職歴としてカウントしてもらえないことも多いですからね。ですから就職して安定した生活を送るためには、なるべく早い段階でフリーターを脱出して正社員になる必要があります。

ではフリーターを卒業するにはどうしたらいいのでしょうか。

フリーター卒業の第一歩は気持ちから

フリーターを抜け出すためにまず行うことは、就職する覚悟を決めることです。

バイトと正社員は違います。バイトの時のように楽な仕事ばかりではないし、責任も付いてまわります。休みも取りにくくなるし、残業も増えるかもしれません。今まで(アルバイト)と同じノリで就職してしまうと、仕事の大変さやプレッシャーに負けてしまいます。

今までとは気持ちを切り替えて、大変な仕事でも頑張るという気合を入れてから就活を始めましょう。

また、中には逃げ癖がついてしまっているフリーターの方もいらっしゃると思います。嫌な事があったらすぐに辞めてしまう、バイトすら長続きしない方です。

正社員の仕事はバイト以上に辛い事や大変な事がたくさんあります。ですから逃げ癖がついた状態で就職しても、すぐに退職してしまう可能性が高いです。早期退職を繰り返すのは職歴を汚すだけですから、逃げ癖があるならこれを機に克服しなくてはいけません。

仕事を簡単に辞めてしまうのを防ぐのに一番効果的なのは、就職する目的を持つことです。よくあるのは結婚ですね。特に男性に多いと思いますが、結婚をして奥さんや子供を養うために就職する場合は長続きします。

他にも実家暮らしの方は思い切って一人暮らしを始めてみると、「仕事を辞めたら家賃が払えない」と追い込まれるため簡単には辞められなくなります。

何となく「フリーターは良くない、就職しなきゃ」という気持ちだけで就職してしまうと、逃げ道がたくさんあるので逃げてしまうんです。目的を持ち、さらに逃げ道も無くすことで逃げ癖はかなり克服できるのではないでしょうか。

また、そもそも就活が始められない、重い腰が上がらないというフリーターの方もいらっしゃると思います。就活しなきゃとは分かっていても、なかなか行動に移せないパターンです。

そんな時はまず小さなことから始めてみましょう。空き時間にスマホで求人を探してみる、とりあえず履歴書を買ってみるなどですね。一度スイッチが入ってしまえばこっちのものですから、それまでは今すぐできることからとりあえず行動に移すことが大切です。

あとは周りの人達に就活を始める事を宣言してしまうのも効果的です。言ってしまった手前嫌でも就活しなくてはいけませんし、だらけている時には誰かがはっぱをかけてくれるかもしれません。

人を巻き込むという意味では就職支援サービスを利用するのも良いでしょう。登録することでコンサルタントとの面談を行ったり求人紹介を受けたりと話がどんどん進んでいくので、「やる気が出ない」と言っている暇もなく就活を進められます。

もちろん受けたくない求人に無理して応募する必要はなく断わってもOKですが、自分で物事を始められない人にとってはいいきっかけとなるのではないでしょうか。

フリーターにおすすめの就職支援サイトについては後ほど詳しくご紹介いたします。

未経験可の求人が見つかるフリーター就職支援サービス

就職する覚悟を決めたら、あとは求人を探して応募するだけです。

「正社員で働くなら○○の仕事がいいな」という希望もあるとは思いますが、フリーターから就職するのなら現実も見なくてはいけません。

まず看護師、薬剤師、美容師、ネイリストなど専門の知識やスキル、資格が必要な仕事に就きたいのなら、専門の学校やスクールに通わなくてはいけません。フリーターからいきなり就職するのは無理です。

また超大手企業や総合商社、人気の企業などもフリーターから就職するのは非常に困難です。選り好みしすぎてはいつまで経っても就職できませんから、ある程度は妥協することも大切です。それに中小企業や知名度の低い企業の中にも優良企業はたくさんありますよ。

フリーターから就職するには、未経験でもOKという理解のある企業を見つけ出すことがポイントになります。

フリーター、特に20代フリーターだとほとんど職歴が無いか、一度も就職したことがない方も少なくないでしょう。その場合は経験者優遇の中途採用求人に応募しても採用の可能性は低いです。

未経験可の求人なら即戦力は求めていないのでフリーターでも問題ありませんし、そうした企業の多くは若い人材を求めているので20代フリーターなら十分にチャンスがあります。

それに未経験OKで採用してくれる企業は研修や新人教育をしっかり行ってくれる所が多いので、社会人経験が少ないフリーターの最初の職場としても最適です。

未経験歓迎の企業からの求人を探すなら、20代フリーター向けの就職支援サービスを利用しましょう。

は20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスで、未経験OKの企業からの求人を数多く扱っています。

コンサルタントによる手厚いサポートも受けられますから、就活慣れしていないフリーターの方も安心して就活を進められます。

こうしたフリーター就職支援サービスは若い人材が欲しい企業と未経験から働きたいフリーターが出会えるので、就職成功率が高いのも特徴です。多くのフリーターが未経験からの就職を実現しています。

無料で利用できるので、本気で就活をしようとお考えの方はとりあえず登録する所からスタートしてみてくださいね。

職場選びは慎重に

20代のうちは選り好みしなければフリーターでも就職先はいくらでも見つかります。ですからフリーターを卒業できるかどうかはあなたの気持ち次第とも言えます。

ただ地域によってはどうしても就職先が見つかりそうもないという事もあると思いますから、その際は上京して探すという選択も求められるかもしれません。

また「就職できればどこでもいい」と適当に会社選びをしてしまう方もいますが、そうするとブラック企業に就職してしまう可能性も出てくるのでお勧めできません。

先ほどご紹介したフリーター就職支援サービスなら、実際に職場見学をしたり担当者と話をしたりして、フリーターでも安心して働けそうな企業の求人を厳選して扱っているため、職場選び失敗のリスクを軽減できます。

せっかく就職しても早期退職してしまってはフリーターに逆戻りです。正社員就職することも大事ですが、職場選びも慎重に行いましょう。

トップページへ