20代の仕事探し【フリーターから正社員へ】

現在フリーターをしているけれどもいずれは正社員として就職したいと思っている方は多いはずです。やはりフリーターの場合、どうしても給料は少ないですし、しかも安定していません。

バイトから社員にって本当にあるの?

バイト先で正社員にしてもらえる?

アルバイトとして働いている会社から正社員の話をいただく。これって就職を目指すフリーターにとっては大変ありがたい事ですよね。

バイトはバイト、就職するならもっと違う仕事をしたいという場合はそうしたお誘いを断るのもいいと思いますが、今の職場や仕事に特に不満がなければその話を受けて正社員にしてもらうのが一番手っ取り早くフリーターを抜け出せる手段となります。

実は就活をしつつ、今の勤務先で正社員にしてくれないかな…と密かに期待しているフリーターの方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしこうした正社員登用の希望者は多いものの、実際には全然お声が掛からないケースも少なくないようです。「本当に正社員登用されることなんてあるの?」と疑っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アルバイト先で正社員にしてもらえる正社員登用ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

まずは正社員登用制度について確認しよう

まず、アルバイトから正社員になれるかどうかは、その会社の制度にもよります。

正社員登用制度があれば正社員になれる可能性がありますが、その仕組み自体がなければバイトはずっとバイトのままです。ですからまずは今の職場が「正社員登用制度あり」かどうかを確認しましょう。

求人票に正社員登用ありと記載されていたら登用制度はあるでしょうし、中には入社時に特に説明がなくても実際には頻繁に正社員登用が行われている会社もあります。

上司に確認してみて、残念ながらバイトから正社員になれる制度は特になくて実例も無いと言われたら、その職場での正社員登用は諦めた方がいいでしょう。正社員求人を探すか、別の正社員登用ありのバイト求人を探しましょう。

正社員登用の実態

しかしこの「正社員登用ありのバイト求人」というのも曲者なんです。なぜなら求人票に正社員登用ありと記載されたバイト求人の中には、実際には正社員にする気はさらさら無いという会社も混じっているからです。

なぜそんな嘘をつくのかというと、正社員登用ありという条件は人気があり、そう記載するだけで応募者が増えます。つまり正社員登用をエサに人を集めているという訳ですね。

正社員登用は元々確実に正社員になれるという制度ではないし、正社員にするかどうかの基準も企業によって違います。昇格試験を実施するところもあれば、一定期間働けばほぼ全員正社員にする会社もあります。

ですから本当は正社員にする気がないのに正社員登用ありと記載したからといって、それが嘘だったと証明するのは難しいです。社内で定めた基準に達していない、今後正社員になれる可能性はあると言われたらそれまでですからね。

また、アルバイトから契約社員まではいけるものの正社員には全然してくれないという会社もあります。

やはり正社員は非正規雇用とは違います。給料やボーナスなどの負担が増えますし、簡単にはクビにできなくなります。社員を「使い捨て感覚」で雇っている会社にとっては契約社員(非正規雇用)の方が都合が良いんですよね。

もちろんそんな悪質な理由から契約社員止まりにしている会社ばかりではなく、本当は正社員にしてあげたいけど経営状況が思わしくないから今はちょっと無理…という会社もあるでしょう。

ただその場合も業績が回復すれば正社員になれるかもしれませんが、最悪の場合正社員どころか契約更新すら打ち切られる可能性もあります。

騙していた訳じゃなく会社側に悪意はなかったとしても、結果的には会社の都合で正社員になれないこともあるんですね。

「正社員登用あり」が嘘かどうかを見分ける方法

このように、様々な理由により正社員登用してもらえないフリーターが多いのは事実です。とはいえ中には積極的に行っている会社もありますから、正社員登用あり求人のすべてが嘘という事ではありません。

ではどうしたら正社員登用の話が嘘かどうかを見分けることができるのでしょうか。それを見分ける方法の一つに、正社員登用実績を確認するという方法があります。

正社員登用制度があるかどうかだけでなく、実際過去にアルバイトから正社員になれた人はいるのかを確認するんです。求人票に実績を載せている会社もありますし、記載がなければ面接時に直接確認してみるのもいいでしょう。

実際は正社員登用をしていない会社なら過去の実績がないですから、こうした質問には口ごもるはずです。逆に実績のある会社ならきちんと説明してくれるはずです。

現在働いているバイト先で本当に正社員登用されるのか心配になった方も、周りの長く勤めている同僚などにそれとなく聞いてみるといいでしょう。もし「そんな人見たことない」と言われたら改めて直接上司に確認した方がいいです。

もう数年働いているのに、

「いや~いつかは正社員にしようと思ってたよ」
「もう一息で正社員にしてあげられそうなんだけどねぇ」

と言ってくる場合、そうやって期待を持たせて引き延ばしてバイトを続けさせるつもりかもしれません。

逆に本当に正社員登用を検討してくれている会社なら、

という事を伝えたとしたら、すぐには実行に移せなくても何らかの答えをくれるはずです。実際に正社員になれるまで3年かかったという人もいますから、すぐに正社員になれないからといって正社員登用の話が嘘だとも限らないのです。

こちらからアクションを起こすことで事態が好転するかもしれないし、逆にこの話を持ちかけたことで嫌な顔をされたり曖昧な対応をされたとしたらそれはそれで嘘を見破る材料にもなりますよね。ですから聞くだけ聞いてみるのは悪くないと思います。

20代なら正社員求人にチャレンジしてみては?

いくら仕事ができる人でも、会社が正社員にするつもりが無ければいつまでも正社員登用は実現しません。現在のバイト先で正社員登用は無理そう、という場合は別の職場を探しましょう。

しかしまた正社員登用ありのバイト先を探すのもいいですが、次回も同じ目にあう可能性も否定できないですよね。ですから正社員を目指すならやはり最初から正社員求人に応募する方が確実です。

もしかすると「フリーター経験しかないから正社員求人に応募したってどうせ受からないし…」と最初から諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ20代であればまだまだ就職のチャンスはあります。

未経験歓迎の企業の中には20代フリーターも積極的に採用してくれる企業もあります。職歴よりも人柄を重視してくれる企業であれば、就職経験がなくても採用してくれるんです。

若さというのは思った以上に強力な武器となりますから、20代のうちは頑張ればフリーターからでも就職できます。今のうちに本気を出して就活をスタートしてみてはいかがでしょうか。

フリーターから正社員へ!

こちらで20代フリーター向けの就職支援サービスをご紹介していますから、プロの手を借りて本気の就活を頑張ってみてください。無料で利用できるので安心ですよ。

本気で就職したい人を応援してくれますから、ぜひ活用してみてくださいね。

トップページへ